志田未来と花江夏樹がW主演を務め、先日公開延期が発表されたばかりの長編アニメーション映画「泣きたい私は猫をかぶる」が、Netflixにて6月18日(木)より全世界独占配信されることが分かった。志田・花江らからコメントが到着した。

「泣きたい私は猫をかぶる」は、「ペンギン・ハイウェイ」(2018年)で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞した、アニメーションスタジオ「スタジオコロリド」の長編アニメーション映画第2弾となる青春ファンタジー。

愛知・常滑を舞台に、「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれる、ちょっと変わった中学2年生・笹木美代(志田)と、彼女が思いを寄せるクラスメート・日之出賢人(花江)が繰り広げる不思議な物語を描く。

志田と花江がW主演、岡田麿里が脚本、佐藤順一と柴山智隆がW監督を担当。また、ムゲを「猫」世界へと導く謎のお面屋・猫店主役の山寺宏一、ムゲと日之出の担任教師役のおぎやはぎ・小木博明ら、豪華キャスト陣が集結している。

当初は、6月5日(金)に劇場公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の状況により、公開延期することが発表されていた。

■ 劇場公開からNetflix配信へ

そしてこのたび、Netflix配信という形で6月18日(木)に作品が公開されることが決まった。

「泣きたい私は猫をかぶる」関係者一同という形で、以下のコメントを発表。

「わたしたちは映画が大好きです。『泣きたい私は猫をかぶる』は劇場用映画として作ってきました。しかしながら新型コロナウイルスの影響で、作品が予定通り劇場で公開できなくなっていく現実に直面しました。

失われていく日常の中で改めて気づかされました。映画に込められた多くの人たちの夢や熱意に。お客さんに観てもらえる劇場という場所の素敵さに。

それでも今自分たちができることは、作品を世に出すこと、作り続けることだと考えます。

映画『泣きたい私は猫をかぶる』は、インターネット配信で作品を届けることを決めました。世界が混迷している今こそ、エンターテインメントが必要だと信じて…」

また、志田・花江や監督陣からもコメントが到着した。

■ 志田未来コメント

この度、劇場公開からNetflix独占で配信されることが決定いたしました。さまざまな作品が公開延期を決めている中、今作を楽しみに待ってくださっている皆様に無事にお届けできることが決まり、安心とうれしさでいっぱいです。

外に出ることも難しく制限が多い生活の中、楽しい気持ちになれることの一つがエンターテインメントだと思います。

そして、映画は見てくださる方がいて、本当の完成だと思っています。お届けする形は変わってしまいましたが、一人でも多くの方に見ていただきたいです。

最後に、今作は人の温かさや相手を想う気持ちがたくさん詰まった作品なので、皆様の心に少しでも癒しをお届けできたら嬉しいです。

■ 花江夏樹コメント

この度、「泣きたい私は猫をかぶる」が劇場公開ではなくNetflixでの配信となりました。映画館で見られないのは残念ですが、家の中にいる事が多い今の状況の中、配信という形で皆様にお届け出来るのはいい事なのではないかと思います。

「泣き猫」は人と人の想いの大切さ、気持ちを伝えたり、一歩前に踏み出す勇気を感じる作品です。

大切な人を思い浮かべながら、幅広い世代の方に見ていただきたいそんな素敵な作品です。

配信をお楽しみに!

■ 佐藤順一監督コメント

「泣きたい私は猫をかぶる」は、タイトルにもあるようにお面をつけて猫に変身したり、猫だけが住んでいる猫島なんていうファンタジー要素もありますが、実はとても身近で日常の中に普通にある感情を描く物語です。

主人公のムゲ、クラスメイトや家族、さらには猫島の猫たちなど、映画の中のキャラクターと出会う事で、自然と自分や周りの人の事をふと考え、親しいはずの人の知らない部分や本当の心に想いをはせる…そんな体験をしていただける映画になっているはずです。

素敵な音楽やヨルシカさんの素晴らしい歌とともに、作品にこめた大切なものは配信でも届ける事ができると信じています。是非この機会に何度でもご覧いただければうれしいです。

■ 柴山智隆監督コメント

現在、多くの映画関係者の皆様が新型コロナウイルスによる影響を受けていることと思います。延期を決めたものの今も公開の目処が立っていない作品、撮影がストップしている実写の撮影現場も少なからずあるそうです。

予定通りの公開が難しいと知らされたとき、この映画を必要としてくださる方々へ何としても届けたい、と思いを強くしました。

Netflixで配信させていただけることに感謝をしております。世界中の方々と同時に公開の瞬間を迎えられることが今は楽しみです。

そして「泣き猫」がみなさんの日々の暮らしの一助になれたなら光栄です。一人でも多くの方にこの映画が届くことを願うばかりです。(ザテレビジョン)