メジャーデビュー10周年となる2020年5月5日(火)に「Tokyo Girls Journey(EP)」をリリースする4人組ダンス&ボーカルグループ・東京女子流。これまで歩んできた10年間の道のりを振り返りながら、グループへの思いや新曲に懸ける意気込みを語った。

■ 東京女子流インタビュー

――収録曲4曲の印象を教えてください。

■「薔薇の緊縛 introduction」

山邊未夢:個人的にはホラー要素・ダークさをこの曲からは感じるのと、イントロダクションなのに歌っているのにも最初びっくりしました!そしてライブの登場など、何か変化をつけたいときに使いたい1曲です。

新井ひとみ:物語の始まりを思い起こさせるような音の始まりで人々を惑わせるでしょう。「薔薇の緊縛」の歌詞かと思いきや別の歌詞になっています。

中江友梨:始まりの音からすごく迫力があって、ドキドキします!オリジナルバージョンのさらに上をいくような緊迫があって、壮大な音楽に仕上がっています。

庄司芽生:ここから何が始まるんだ、というワクワク感を与えてくれる1曲目にぴったりな楽曲です。「薔薇の緊縛」より邪悪なアレンジや歌詞になっているのでそれぞれの良さを楽しんで頂けたら嬉しいです。

■「薔薇の緊縛」

山邊:東京女子流が今までやってきたメロディーラインに近い曲です。聞いた瞬間からこれは女子流が歌いたいな〜って思いましたし、女子流のためにある曲だと思った1曲です。

新井:イントロが怪しさを漂わせていてラストスパートに向かうにつれて激しく、歌っていても感情をむき出しにしているので、徐々に高まっていく所にも注目して聞いて欲しいです。

中江:迫りくる、緊迫した雰囲気のある曲。人間のここまで深い重い愛の感情に、この曲で触れて最初は難しいと思いました。この曲を見てくれたみんなを緊縛するつもりで毎回歌っています!

庄司:10年間の女子流がこの1曲に凝縮されている感じがしました。1曲の中で曲調や雰囲気がコロコロと変わっていくのもこの曲の面白さだと思います。メンバーそれぞれの表現で感情をぶつけているので是非聴いて頂きたいです。

■「Ever After」

山邊:実は2年前から温められていた曲で「バンドでやったらかっこいい」がテーマになってます。そして独特な雰囲気がある曲なのでライブで見たほうが映える1曲になっています。

新井:A.Bメロは、歌い方と音の感じも優しさがあるのですが、サビに向かうにつれて音が増えてポップで明るい歌詞になっています。

中江:女の子の夢見てる世界がこんな素敵で、切ない、繊細な物なんだって感じました。ダンスも歌詞に沿った振りで、ライブではサビの部分をファンの方が真似してくれます。

庄司:孤独だなと感じるときに寄り添ってくれるような楽曲です。夢うつつな感じの普段あまりしないような歌い方にも挑戦していて、エレクトロポップなアレンジも心地良い曲です。

■「キミニヲクル」

山邊:東京女子流には珍しい爽やかな曲ができあがりました!10年後の未来の自分たちが今の自分達に向けて歌っている前向きソングでキラキラ感が詰まっている1曲です。

新井:希望ある未来から今に向けて歌っている楽曲になっていて、未来から見た今の自分に向けて「まだまだ行ける」と背中を押してくれる。そんなメッセージが込められた楽曲になっています。聴けば聴くほど耳から離れなくなる曲なのでたくさん聴いて好きになってもらいたいです。

中江:10年後の私たちが今の私たちに向けて歌っている、語りかけてるような歌詞がたくさん詰まっていて、すごく前向きになれる歌です。私自身もなんだか背中を押されるような曲なので、皆さんにもこの曲で元気に、前向きになっていってほしいです。

庄司:希望溢れる未来から今に向けて歌っていてとても勇気を貰える1曲です。私自身パワーを貰える曲なので、このEPを手に取ってくれた方にもパワーが届くように心を込めて歌いました。少しでも聴いてくれた方の力になれたら嬉しいなと思います。

■ 庄司芽生が振り付けに初挑戦

――収録曲の中でお気に入りの1曲はどれですか?

山邊:「薔薇の緊縛」です。パフォーマンスをするときに1番気持ちが入り、この曲の主人公を演じるのが楽しいからです

新井:「キミニヲクル」がお気に入りです。

理由は、私もこの曲を聴いて「まだまだここで止まってちゃいけない」とそう思わせてくれる曲だからです。そして、この曲をたくさんの方に届けて、少しでも明るくそして元気になってもらいたいと思い、簡単なサビの振り付けになっています。みんなで繋がれるところがポイントにもなっているので踊ってみてほしいです!

中江:「薔薇の緊縛」です!

今回この曲の振り付けをメンバーのめい(庄司)がしてくれました。女子流の曲でメンバーが振り付けしてくれたのは初めてなので、よりパフォーマンスに気持ちが入りますし、メンバーみんなで所々意見を出し合った部分もあるので、やっぱり思い入れがありますね。

庄司:「薔薇の緊縛」です。初めて振り付けに挑戦させていただきました。今私ができる最大限のものを詰めたので、ライブでダンス込みで見ていただきたいです。DVDには「薔薇の緊縛」初披露時の映像が収録されているので是非!

――10年間の活動を振り返って、1番印象に残る出来事は何ですか?

山邊:2012年の日比谷野外音楽堂から日本武道館の流れです。野音で武道館公演がサプライズ発表されてからは、さらにチーム女子流が一丸となって、ファンの方達も盛り上げてくれました。みんなで熱い夏を迎えて、そして夢だった武道館に立てて、私たちを見にあんなにもたくさんの人が集まってくれたことも嬉しく、本当にあの瞬間は夢だったんじゃないかと思うほど忘れられない年です。

新井:どれも印象に残る出来事ばかりなのですが、最近ですと、2019年5月25日に再び中野サンプラザ公演を行ったことです。生バンドで、バックダンサーのみんなにも入ってもらったり、私も東京女子流の一員として歌って踊ってDJで会場を盛り上げたりいろんな事に挑戦させてもらった公演でとても印象に残っています。

中江:2012年の日本武道館公演です。デビューから見ていた憧れの会場だったので、当時はただただ緊張していて、たくさんの人、大きな会場、気付いたらあっという間に終わりましたね。スタッフの皆さん、そしてたくさんファンの皆さんのおかげで立てたステージです。今度は私たちが皆さんを連れて行けるようになります!

庄司:2010年2月の初ライブ。経験したことのない緊張のなかステージに出た瞬間に見えた景色と歓声が今でも忘れられません。

■ 10年経っても変わらないメンバーの関係性

――グループの中で10年前から変わったこと・変わっていないことを教えてください。

山邊:変わっていないことは、相変わらずご飯食べる時は静かなところです(笑)。なぜかみんなご飯に集中するので、食べている時は食べ物と向き合っていてものすごく静かです。

変わったことは、昔は小学生とかだったので移動する時も手を繋いで歩いたりしたのですが、今はそういう子供がやりがちなスキンシップがすっかり無くなりました。今は広がって歩くと邪魔だから、縦一列で行列みたいになって歩きます。

新井:メンバーの声や顔や姿。家族よりも一緒にいる時間が長くて気づけなかったのですが写真や動画などを見返すと変わったなぁと感じます。

逆に変わらない所は、10年経った今でも何かを決める時は、ジャンケンで全て決める所です。

中江:10年前からおしゃべりが大好きで爆弾発言をしたりするところは変わらないところだと思います(笑)。変わったところは、度胸がついて怖がらず何事も挑戦できるようになったことです。緊張しすぎて、くじけそうになった時に「楽しもう!」って考えられるようにもなりました。

庄司:変わったことは声。今デビュー当時の曲やライブ映像を振り返ると声や歌い方が幼いなと感じます。

変わっていないことはメンバー間の距離感。10年の中で近すぎたり遠くなってしまったりした時期もありましたが、最終的には真剣な話もできてふざけた話もできる良い距離感に落ち着いた気がします。

――10年もの長い間にわたり、グループで活動を続けられた理由は何だと思いますか?

山邊:メンバー同士の仲の良さや応援してくれる皆さんのおかげです。10年間今も昔も応援してくれて、私たちを求めてくれるファンの皆さんがいるから、続けて行こうって思えます。

新井:10年変わらずこのメンバーで切磋琢磨してきたからこその今だと思いますし、逆にこのメンバーでなかったらここまで続けてこれなかったとも思います。また、10年活動してきてそれぞれの性格を理解したのも強いと思います。

中江:理由っていうとなんだろうって思いますね。でも、一緒にいて居心地がいいなぁって思ったり、すごくいい距離感だし、落ち込んでいたり、嬉しいときは言わなくてももう分かるようになったのが「あ、これが阿吽の呼吸って言うんだなぁ」と思いました。なにより「やってやろうぜ!」って気合が入る瞬間は4人みんないつも一緒ですね。

庄司:たくさんの方が愛を持って支えてくださったからだと思います。周りの環境はたくさん変わってきたけれど、その度にスタッフの皆さんやファンの皆さん、関わってくれた全ての皆さんが愛を持って支えてくれたおかげだと思います。心から感謝です。

■ 「限界が来るまで」活動を続けたい

――東京女子流としての活動をいつまで続けていきたいと考えていますか?

山邊:最初始めた時はこんなに長く続けてるつもりは無かったのでとてもびっくりしていますが、今は求められる限り東京女子流でいたいと思います。続けていけたら幸せです。

新井:ここで止まってはいたくないので、止まらずに東京女子流として活動させていただいている事に感謝をし、良い結果を残せるよう、動き続けられるまで活動していきたいです。

中江:10年後も続けていたい!って思います。女子流の曲はスタッフさん達が、私たちが長く歌えるようにという気持ちを込めて作ってくれているので、10年後もその先も大切に曲を届けていきたいと思います。

庄司:限界が来るまで。

――10周年となる今年の目標を教えてください。

山邊:10周年は貪欲に突き進んでいけたらと思っています!元々、そんなに貪欲さを出す方ではないですが、10周年という一つの節目に東京女子流として何事も欲まみれに突っ走っていきたいですし、今まで私たちに出会ってくれた皆さんに感謝を伝えていく10周年にしたいと思っています!

新井:10周年を迎えられて嬉しさもあるのですが、10年経ったからこそ新しい自分を見つけて、飽きられないような、魅力ある自分にアップデートする一年にしたいです。

中江:今はこんな状況が続いていますが、私たちにとっては大事な大切な10周年の年です。発信し続けることはやめないですし、1番はライブを大切にしているので、毎公演お客さんを満員にして、「今日しか見れないライブだった!」って言ってもらえることが目標です!

庄司:常に感謝の気持ちとアグレッシブさを忘れずに活動していきたいです!より多くの方にライブに足を運んで頂けるよう頑張ります!(ザテレビジョン)