中村倫也主演ドラマ「美食探偵 明智五郎」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第4話が5月3日(日)に放送となる。今回、明智(中村)が挑むのは、“キッチンハラスメント殺人事件”。仲里依紗演じる主婦が引き起こした悲しい事件の真相を暴いていく。

公式サイトで見ることのできる第4話予告動画や先行カットでは、同窓会で幹事を務めることとなった明智(中村)の高校時代の様子が一部公開されており、回想シーンでは、貴重な男子高校生姿の明智を見ることができる。

本作は「東京タラレバ娘」「偽装不倫」を手掛けた東村アキコによる初のサスペンス漫画「美食探偵―明智五郎―」をドラマ化した作品。

三度の食に命を懸ける美食家であり、「江戸川探偵事務所」で探偵業を営む明智五郎が、相棒の苺(小芝風花)と共に“食”を通してさまざまな殺人事件を解決する。

注目の第4話では――

東北の姑から送られてくる手料理が冷蔵庫を埋め尽くすことにストレスを感じる主婦・みどり(仲)が、ネットで知り合ったマリア(小池栄子)に背中を押され、無理解な夫・和宏(落合モトキ)を殺害する。

和宏の同級生だった明智(中村)は、同窓会を無断欠席した和宏を心配し自宅を訪れ、和宏に代わり、届けられた“お袋の味詰め合わせ”を預かる。

その頃、和宏の死体はマリアに派遣されたシェフ・伊藤(武田真治)とみどりに解体されていた…。

その夜、高校時代に食べた和宏の母親の味を懐かしく思い出していた明智は、「姑からしょっちゅう手料理が送られてきたら嫁にとっては“キッチンハラスメント”だ」と言う苺(小芝)の言葉がひっかかる。(ザテレビジョン)