日焼け止めブランド「アネッサ」(資生堂)では、外出自粛が続く中で自宅ですこやかに過ごしてもらうことを目的とする「#KeepShining」プロジェクトを、4月30日(木)より開始する。

当プロジェクトは、新型コロナ感染拡大下で「アネッサ」が何か役に立てることができないかと発足し、「アネッサ」のブランドアンバサダーを務めるプロテニスプレーヤー・大坂なおみ選手をはじめ、スポーツクライミングの伊藤ふたば選手、ゴルフの上田桃子選手、パラ陸上競技の重本沙絵選手、スキージャンプの高梨沙羅選手、カヌースラロームの羽根田卓也選手、6人の契約アスリートに協力を依頼。

「#KeepShining」を合言葉に、アスリート自身がスマホで自撮りした動画の中で、近況報告や外出を自粛している人たちへの応援メッセージなどを語る他、室内でもできるユニークなトレーニング方法やスゴ技などを紹介する動画を公開していく。

初回の動画には、高梨選手が登場。自宅で実際に行っているストレッチやヨガをタイムラプスで撮影し、最近の近況報告。

最後に「それぞれできる限りのことで頑張っていきましょう。みんなで乗り越えよう! KeepShining!」と笑顔で締めくくっている。

※高梨の高は正しくは「はしご高」(ザテレビジョン)