新型コロナウイルスによる外出自粛が続き、自宅で過ごす時間が長くなる中、著名人におすすめの「おうちエンタメ」をアンケートで聞く「#StayHome連載」。普段演者としてパフォーマンスする側の人々は自宅ではどんなコンテンツを楽しんでいるのか?

今回はお笑い芸人の紺野ぶるまさんに、家で過ごすためのおすすめエンタメを答えていただきました。

■ Q1:在宅時の楽しみ方を教えてください。

家で出来る筋トレをひたすらやっています。

普段は億劫(おっくう)ですが、自粛期間中だけと決めると意外と続くものです。

時間もたっぷりあるので1時間くらいかけて、YouTubeなどで筋トレ動画を見ながら実践しています。ビリーズブートキャンプに再熱しています。

■ Q2:おすすめのテレビ番組を教えてください。

Huluで配信中の「Nizi Project」です。

韓国のアイドルオーディション番組なのですが、レベルの高さとJ.Y. Park(パク・ジニョン)さんのプロデューサーとしての細かい指摘がゾクゾクします。

他にもオーディション番組でYouTubeに上がっている「ザ・ラストヒロイン〜ワルキューレの審判〜」もオススメです。

■ Q3:おすすめのテレビ以外のコンテンツ(小説・漫画など)を教えてください。

ミクチャ(MixChannel)やインスタライブ(Instagram Live)などの配信がおすすめです。

ライブなどこの期間ないことから始めましたが、一人でご飯を食べるのが寂しい時など本当に緩く気軽に配信しています。

顔を出さずにできる配信もあるので、誰かに話を聞いてもらいたい時など“自己満の塊”配信をしています。

■ Q4:最後にメッセージをお願いいたします。

この時期、なかなか気分が落ち込んでしまうこともあるかと思いますが、何か一つ目標を立て取り組むと少し気持ちの浮き沈みが軽減されると思います。

私の今の直近の目標は「腹筋を割ること」とバルーンアートでそらジローを作れるようになることです。

皆さまの健康と安全な生活を願っております。

■ Profile

●こんのぶるま…1986年9月30日生まれ、東京都出身。「女性芸人No.1決定戦 THE W2017」(日本テレビ系)決勝進出や「R-1ぐらんぷり2017、2018」で決勝進出。ほか、バラエティー番組で幅広く活躍している。(ザテレビジョン)