新型コロナウイルス感染症の拡大による緊急事態宣言の発令によって、自宅にて定額制動画配信サービス(SVOD)を楽しんでいる人も多いかと思われる。

■ 動画視聴のニーズが急増中

YouTubeでは、ストリーミングサービスの動画の再生需要が急増し、ネットワークへの負荷が高まっていることを背景として、動画を再生する際の画質を標準(SD)に変更すると発表されたのも記憶に新しい。

また、星野源が自身のインスタグラムに投稿した約1分の弾き語り動画「うちで踊ろう」をはじめ、サッカー・乾貴士選手、プロ野球・佐々木朗希投手らスポーツ選手が自らのトレーニング方法を公開し、「自宅でも出来る運動」を提案するなど、アーティストやスポーツ選手が”動画”という形でSNSにアップし、注目を集めている。

ユーザーの利用実態にも表れており、次の数字は映像配信サービス「dTV」のものだが、4月の休日2日間(4/11〜12)の視聴人数が2月の同週比で約13%上昇し、視聴作品数も約15%の上昇、総視聴時間も約28%増加したという。

そこで、dTVに視聴ランキングTOP10とお薦めも聞いた(※4月1日〜4月27日までの累計視聴数)。アニメ作品が上位を占める中、3月末の時点では150位だったが今月に入り視聴数が増加し、急上昇したのが「8時だョ!全員集合」だった。

■ 第5位「僕のヒーローアカデミア 第4期」

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の堀越耕平原作コミックのアニメ第4期がランクインし、“個性”で人々と社会を守る職業「ヒーロー」を目指す主人公・緑谷出久が、雄英高校でクラスメイトたちと成長する姿を描いた物語。

プロヒーローインターンに臨む出久は、ある少女を巡る戦いに挑む。

■ 第4位「ブラッククローバー」

「僕のヒーローアカデミア」と同じく「週刊少年ジャンプ」作品がランクイン。同作は、2015年から連載が開始された田畠裕基によるファンタジー漫画で、魔法を題材とした剣と魔法のファンタジーもの。既刊は24巻で累計1000万部を突破している。

■ 3位「名探偵コナン」

青山剛昌によって1994年より「週刊少年サンデー」で連載がスタート。天才探偵・江戸川コナンが、謎の組織と闘いながら数々の名推理で難事件を解決する不動の人気作。ルパン三世と共演した「ルパン三世VS名探偵コナン」(2009年)も大きな話題を呼んだ。

dTV担当者は第57話〜第58話のホームズ・フリーク殺人事件の回を挙げ、「毛利小五郎、毛利蘭と一緒に『シャーロックホームズ・フリーク歓迎ツアー』に参加したコナンが、同じツアーに参加した高校生探偵の服部平次にコナン=工藤新一とバレてしまうシーンはドキドキ」とお薦めしている。

■ 第2位「8時だョ!全員集合」

1969年〜1985年まで放送され、流行語やブームになったコントを生み出した昭和の伝説的バラエティショーが並み居るアニメや映画を抑えてのランクイン。先日、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったコメディアンの志村けんも出演しており、全国の子供たちがまねしたギャグやコント、人気コーナーを厳選。

そんな昭和を代表する番組をdTV担当者は、第640話のコント「なるほどザ・忍者」を「城の石垣の前に集まるドリフターズのメンバーふんする忍者たちが、剣殺陣を披露しているのが、意外な一面を見ることができるのがオススメ。また、舞台が暗転してセットが変わり、城内に潜入するシーンでは、忍び足なのにどこからともなくピヨピヨと音がして、みんなで『しーっ!』というやり取りが定番ネタながら笑えます」とコメント。

■ 第1位「鬼滅の刃」

「週刊少年ジャンプ」にて大好評連載中の吾垰呼晴による漫画作品で、単行本1巻〜19巻でシリーズ累計発行部数が4000万部を突破。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼んでいる。

そんな視聴ランキング1位となった「鬼滅の刃」のdTV担当のお薦めポイントは「第1話で、家族思いの少年で主人公の竈門炭治郎が、鬼になった妹の禰豆子を必死に助けようとするシーン。絶望する炭治郎に鬼狩りの剣士である冨岡義勇が『つらいだろう・・・分かるよ』と慈悲深い言葉をかける場面はジーンとくる。『どんな苦しみにも黙って耐えろ!お前が男なら…男に生まれたなら!!』と放つシーンもカッコイイ」と挙げた。

■ dTV視聴ランキングTOP10

1位 鬼滅の刃 (アニメ)

2位 8時だョ!全員集合 (バラエティ) 

3位 名探偵コナン (アニメ)

4位 ブラッククローバー (アニメ)

5位 僕のヒーローアカデミア 第4期 (アニメ)

6位 踊る大捜査線 (国内ドラマ)

7位 キングダム 第3シリーズ (アニメ)

8位 スティルライフオブメモリーズ (邦画)

9位 ハイキュー!! TO THE TOP (アニメ)

10位 劇場版 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム) (邦画)

■ オリジナル作品も充実

dTVでは、ドラマやバラエティーなど計62作品のオリジナル作品を無料配信(〜5月15日金曜)している他、坂本龍一による一夜限りのプレミアムライブ「Ryuichi Sakamoto:PTP04022020 with Hidejiro Honjoh」が無料生配信中。

中でも、ドラマ初出演となる乃木坂46の4期生11人が出演し、西加奈子の短編をドラマ化した「サムのこと」「猿に会う」の2作品をdTV担当者はイチオシに挙げている(「サムのこと」は5月6日(水)夜11:59まで無料配信)。

4月8日より日本テレビでスタートしたドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」の他、2019年10月、テレビ朝日系で放送の「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜 シーズン6」などが注目だ。

そして5月からは、映画「スパイダーマン:ホームカミング」「ワンダー 君は太陽」、海外ドラマ「SUITS/スーツ シーズン8」「ブラインドスポット シーズン3 タトゥーの女」、韓流ドラマ「ラジオロマンス〜愛のリクエスト〜」「ひと夏の奇跡〜waiting for you〜」の6作品が配信。(ザテレビジョン)