村上虹郎主演で2018年に公開された映画「銃」が、新たな視点で描く映画「銃2020」として2020年に公開。ポスタービジュアルが解禁となった。

本作は、「銃」原作の作家・中村文則が原案となるオリジナル作品で、中村自身が初めて脚本を担当。また、「銃」と同様に企画・製作を奥山和由プロデューサーが務め、武正晴監督がメガホンを取り、脚本も担当している。

登場人物の全員が狂気に満ち、目を覆うシーンも多い本作。主人公の東子(トオコ)を演じるのは日南響子。「銃」ではキーマンの「トースト女」を演じたが、本作では、銃を拾い、その銃に翻弄される女に挑戦する。

また、銃が引き寄せた縁により東子が出会う謎めいた男役で佐藤浩市が出演する他、東子を執拗に追い回すストーカー・富田を加藤雅也、東子を毛嫌いし、精神を病んでいる母・瑞穂を友近、東子を破滅へと追いつめる刑事を吹越満が演じる。

さらに、「銃」で主演を務めた村上が“西川トオル”として1シーンのみ登場。そのトオルを追い詰める刑事を演じたリリー・フランキーも同じく刑事役として特別出演。

ほか、山中崇、宇野祥平、篠原ゆき子、内田慈、「銃」にも出演した岡山天音、サヘル・ローズ、片山萌美、中村ゆうじらも出演している。

■ 日南響子コメント

東子役を演じました日南響子です。

今回、8年ぶりに主演を務めさせていただき、新しい感覚と学ぶ事が多くありました。

東子はとても難しい役どころだったので、ワンシーンワンシーンが自分との戦いでした。

そして私自身を成長させてくれた東子を演じられて、うれしく思っております。

■ 佐藤浩市コメント

助監督の時から知っている武監督、石井隆監督の「GONIN」(1995年)でした。

その時のプロデューサーが今回の奥山和由さん。

「銃2020」には「GONIN」という作品と同じでジャンルでは括れない匂いがある。

■ 富田(加藤雅也)コメント

親愛なる東子様

ついに君は僕の存在が気になりだしたようだ

この時を僕はずっと待っていた

この幸福の瞬間のために僕は存在する

そろそろ…

僕は君の前に姿を現すことにするよ

そして…

神である僕をこの苦しみから救い出すことで、君はすべてのことから解放される

■ 奥山和由プロデューサー(企画・製作)コメント

この映画、完全にいってしまってる。どこの誰かの日南響子を囲んで名優、佐藤浩市、吹越満、加藤雅也、彼らみんな狂気を帯びて振り切ったパワフル変態。そこに怪演の友近!

さらにさらにリリー・フランキーや村上虹郎までが意味不明にウロウロ。

なんじゃこれ!! さすがのタランティーノも真っ青! 最後にこの昭和的な超ダサいポスターが決定打!

■ 中村文則(原案・脚本)コメント

原案と脚本に大きく関わりました。小説ではない、映画という表現方法を取った形での、僕の新作でもあります。

尊敬する武監督や素晴らしい役者の方々の解釈やアイディアも合わさり、ものすごい映画となりました。

公開をとても楽しみにしています。

■ 武正晴(監督・脚本)コメント

戦慄の2020年。

この映画が公開できる幸せを感じます。

中村文則さんの書き上げた恐るべきシナリオに、恐るべき俳優陣が集結してくれた。

挑んでくれた俳優陣の仕事ぶりが誇らしく、深謝します。

■ ストーリー

「昨日、私は拳銃を拾った。こんなに奇麗で、不機嫌そうなものを、私は他に知らない」。

深夜、東子(日南響子)は自分の後をつけてくる不穏なストーカー・富田(加藤雅也)から逃れるため、薄暗い雑居ビルに入る。流れ続ける水の音が気になり、トイレに入ると辺りは血に染まり、洗面台の水の中に拳銃が落ちていた。

拳銃を拾った東子は、電気が止められ、ゴミに溢れた部屋に一人戻る。拳銃を確認すると、中には弾丸が4つ入っていた。

自分を毛嫌いし、死んだ弟を溺愛し続ける母・瑞穂(友近)を精神科に見舞った後、東子はこの銃が誰のものだったのかが気になり、再び雑居ビルに行く。そこで見かけた不審な男・和成(佐藤浩市)の後をつけるが、逆に東子は和成に捕まってしまう。

事件が不意に起きる。隣の住人の親子がある男を殺害する。「早く撃ちたいよね。……これでいい?」東子は埋めるのを手伝った後、その死体に向かって拳銃を撃つ。

だが、拳銃の行方を探す刑事(吹越満)に、東子は追い詰められることになる。「また来る」刑事は去っていくが、何かがおかしい。

銃そのものに魅了された東子はさらに事件の真相に巻き込まれ、自らもその渦の中に入っていこうとする。東子の「過去」が暴発する。(ザテレビジョン)