かつて、メディアから“セックス・シンボル”とか、“世界一美しい男”とか言われて持てはやされていたブラッド・ピット。しかし、映画界にスター不在が叫ばれるようになると、彼はスター・パワーを維持したまま、製作プロ、PLAN Bを立ち上げてプロデュース業に専念し始める。

その成果が半端ないことは、関わった2作品(『それでも夜は明ける(2013)』と『ムーンライト(2016)』)がアカデミー賞作品賞に輝いたことでも証明されている。俳優業と製作者の両方を使いこなすすべは、恐らく過去にコラボしたロバート・レッドフォードやジョージ・クルーニーらから学習したものだろう。

■ 人としての堅実な生き方は父親の影響

それ以前に、人としての堅実な生き方は、故郷のミズーリ州で運送業を営みながら貧しいながらも息子たちを育て上げた父親の影響が大きいという。2019年の9月、『アド・アストラ(2019)』の全米公開に合わせたニューヨーク・タイムズ誌の単独インタビューで出た言葉だ。

しかし、同記事でより注目を浴びたのは、「今後はプロデュース業に専念したい」という衝撃のコメントだった。でも、それは翌年『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019)』(以下『ワンハリ』 5月3日(日)夜9:00、WOWOWシネマほか)で第92回アカデミー賞助演男優賞を手にする前の話。『ワンハリ』の彼には、役のためなら努力をいとわない俳優として桁外れの献身ぶりが顕著で、プロデュース業に専念なんて、定期的に訪れる気の迷いとしか思えないのだ。

■ 狂気を秘めたキャラを演技で具現化すること

レオナルド・ディカプリオが演じる落ち目の西部劇スター、リック・ダルトンに影のように寄り添うスタントマン、クリフ・ブースは、映画の前半、不気味に謎めいている。しかし、彼に妻殺しの噂があり、危険な香りが漂い始めると、がぜん、寡黙の裏にあった謎が表面化して、結果的に血塗られた終幕の引き金になる。

狂気を秘めたキャラを演技で具現化することは、初のオスカー候補作『12モンキーズ(1995)』から『ファイト・クラブ(1999)』や『スナッチ(2000)』を経て、『ワンハリ』で結実したピットのライフワークみたいなもの。

『12〜』でその片鱗をうかがわせた彼が、25年後、ついにオスカーの壇上で性格俳優としての証書を手にしたわけで、スターと性格俳優の両輪は、恐らく同世代では唯一、ジョニー・デップが達成した稀有な立ち位置。スター・プロデューサーでキャラクター・アクターとなると、ほかがすぐには思い浮かばないほどだ。

■ 作品のために体をつくり変える姿勢

献身という意味では、監督の指示でその都度進んで体をつくり変えてきたピット。

『ファイト〜』で盟友のデヴィッド・フィンチャーから頼まれればダイエットと筋トレを交互に繰り返してふらふらになるまで体脂肪率を落とし、『トロイ(2004)』(5月24日(日)夜6:15、WOWOWシネマほか)では筋肉を増強して古代ギリシャの戦士に変身し、『フューリー(2014)』では行軍の途中で突然軍服を脱いで美しい広背筋を観客にサービスしてくれた。

『ワンハリ』で見せた左右に分割された大胸筋上部は、筋肉がつきやすい下部やサイドならまだしも、普通の55歳(撮影時)には到底無理。しかし、ブラッド・ピットならやる。スタントマンらしいルックスを手に入れるために、普段は休眠状態のナルシシズムを一気に起動させるその手法は、やっぱり真面目で堅実な人間の仕業。その不変的なありようはコロナ後のハリウッドでも生き続けるだろうし、そう信じたい。

■ 文=清藤秀人

映画ライター/コメンテーター アパレル業界から転身。現在、「MonoMaster」(宝島社)、映画.com、CINEMOREなどにレビューを執筆。また、Yahoo!ニュース個人”清藤秀人のシネマジム”を定期的にアップ。著書に「オードリーに学ぶおしゃれ練習帳」(近代映画社)ほか。(ザテレビジョン)