5月5日(火)放送の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30、フジテレビ系)は、過去に放送されて反響の大きかった女性たちの“ルール”を紹介する特別編。日々の生活の中で、切っても切り離せない“家事にまつわるルール”を紹介する他、青木崇高からは妻・優香とのほほ笑ましいエピソードが飛び出す。

■ 女性たちが実践する“家事のルール”

外出自粛が続く中、家で過ごす時間が増えたということで、今回は番組がこれまで取り上げた主人公たちの「自炊」「掃除」「家族での役割分担」など、家の中で役立つ“家事のルール”にスポットを当てる。

夫婦ユニット「ごはん同盟」として活動しているお米料理研究家・しらいのりこは、「些細な変化でごはんが劇的においしくなる」と、正しい炊飯方法やおいしいご飯の研ぎ方を提案。

人気ゲームを多数輩出するLINEゲーム事業本部で100人以上の部下を持ち、社内結婚した夫と2人暮らしの奥井麻矢は、共働きならではの独特なルールで、夫婦で行う家事を分担している。

小学生のころから「食日記」を付け続けるフードエッセイスト・平野紗季子は、自称“生まれながらのご飯狂”として、これまで数え切れないほどの食べ歩きをし、食の魅力を発信してきた。

だが、料理は苦手だという彼女は、自炊をする際に失敗を減らすため自分に課したルールを実践。

全国優勝35回の強豪チームを束ねる、大阪・箕面自由学園高校チアリーディング部の監督・野田一江。家庭以上にチアリーディングを優先し、常勝チームを築いてきた彼女の家事のルールは朝食作りにあるということで、家族への愛情がにじむ、ささやかなひと手間を紹介する。

ほか、福島・スパリゾートハワイアンズのダンシングチームキャプテン・アウリイ晴奈のオフの日のルールや、かわいい見た目と味で女性から絶大な支持を得るクッキー店の店主・桜林直子ら、反響の大きかった主人公の「家事のルール」が登場する。

■ 青木崇高は家庭でのほほえましいエピソード

今回も、スタジオ出演者たちの未公開を含めたトークをオンエア。YOUは、息子が友達を家に連れてくると「うそでしょ?っていうくらい食べる」と話し、その際に「全然いいから、米持ってきて」という本音を吐露。

青木崇高は「妻の料理の味付けについて言うときは、めちゃめちゃ神経を使って言う」と、優香との家庭での様子が垣間見える、ほほ笑ましいエピソードを明かす。(ザテレビジョン)