松岡昌宏主演ドラマ「家政夫のミタゾノ」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)の第2話が5月1日に放送。

同作は、松岡扮(ふん)する女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣くう“根深い汚れ”までもスッキリ落としていく痛快“のぞき見”ヒューマンドラマシリーズ。

4月24日に放送された第1話では、これまでの4シリーズ中で最高となる世帯視聴率9.3%、個人視聴率4.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得し、好調なスタートを切った。

第2話で三田園が向かうのは、パワハラ店主が切り盛りするラーメン店。

店の味を継承しようとはせず、何かというと「最近の若いもんは…」が口癖の典型的な頑固店主に、従業員の3人は恐怖におののきながら働いている。

そんな店を営む藤原家にやって来た三田園と舞(飯豊まりえ)は、店の窮地を三田園特製の“即席のチャーシュー”で救ったことから、家政夫(婦)としてではなく、ラーメン店の店員として働くことになってしまう。

いつもは優雅にそして上品に、家事に精を出す三田園が、自慢(?)の美声を封印し、「チャーシュー背脂ネギましまし!」と野太い声で厨房に向かって叫ぶ、これまで見ることができなかった三田園の男らしい一面が垣間見える。

また、西岡徳馬が演じる店主・藤原の壮絶な頑固ぶりと、その行動に隠された驚きの理由が明かされる。

■ 気になる第2話のあらすじ

ラーメン店を営む藤原家に派遣された三田園薫と舞。家主の藤原が営むラーメン店「りきや」の従業員3人は、藤原のパワハラまがいの当たりの強さに耐えながら働いていた。

ある夜、店を閉めた藤原は最も修業期間の長い河原(きづき)に「明日、麺を打ってみろ」と命じる。ようやく店の将来を若者に任せようとするが、翌朝、河原が店に現れず大混乱。

三田園の機転でなんとか開店準備は進み、藤原の妻・奈美(重田千穂子)は三田園らに「お店を手伝って」と依頼する。そんな中、三田園は店の裏で奈美が誰かにこっそり電話をしている姿を目撃。奈美は藤原に内緒で、ラーメン店の事業拡大を画策していた。

店員が突然失踪した謎は、30年間変わらない秘伝のスープの中に隠されているのか、三田園が即席チャーシューでラーメン店の黒い秘密を暴く。

※西岡徳間の「徳」の字は、旧字体が正式表記(ザテレビジョン)