5月1日(金)夜11:17よりABCテレビにて「探偵!ナイトスクープ」が放送。顧問として香西かおりが登場し、局長の松本人志、増田紗織アナウンサーと竹山隆範、石田靖らが調査したVTRを見守る。

■ くだらないけんかが原因で13年間口をきいていない姉弟

最初の依頼は、⼤阪市の⼥性からの「プロレスラーの弟と仲直りしたい」というもの。4⼈姉弟の⻑⼥で、一つ年下の弟、四つ年下の弟、そして17歳の妹がいる依頼者は、下の弟と妹とはとても仲がいいのだが、上の弟とは⻑い間、⼝をきいていないという。その原因は、中学⽣の頃のくだらないけんかなのだが、話すきっかけもなく13年が経過。

実は、その弟は⼀昨年、プロレスラーとしてデビューし、依頼者は弟の試合をこっそり観戦に⾏ったり、よく⾃慢げに「弟、プロレスラーやねん︕」という話を周りにしているという。

「それだけ応援してるのなら、仲直りすればいいやん」と⾔われるが、今さらどう話しかけていいのか分からないため、弟と仲直りをするお⼿伝いをしてほしいと明かす。そんな依頼者の望みをかなえるべく、探偵の銀シャリ・橋本直がひと肌脱ぐ。

ほか、小学生の頃の思い出の曲をもう一度聴きたいという男性の依頼や、亡き父親にそっくりの有名人に思いっ切り甘えてみたいという女性の依頼に、ハライチ・澤部佑やたむらけんじが挑む。(ザテレビジョン)