5月3日、TOKYO FMの「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」放送後、木村のネット番組「木村さ〜〜ん!」の#92が配信された。

先々週から映画、書籍のベスト5を発表してきた「木村さ〜〜ん!」。今週は、大人になっても木村が読むのが楽しいという漫画のベスト5を発表していく。

第5位は「日本の歴史」。漫画を読んでいるだけで、テスト問題に出てくるものが載っていることに「何これ!楽しい!」と思ったそう。教科書や参考書だけだと頭に入ってこない“蘇我入鹿”や“中大兄皇子”などが漫画で読むとすごく入ってきたそう。

第4位は「六三四の剣」。剣道をやっていた木村は、漫画に出てくるお稽古事をほぼやっていたと言い、剣道をやっていた時分には「たまらなかった」外せない1冊として挙げた。

迷いながらの第3位は、実写化の際に木村自身が不老不死の肉体を持つ主人公の万次を演じた「無限の住人」。ストーリーももちろん、「漫画の世界に入っていきやすい絵か、そうじゃないかがあると思うんですけど、『無限の住人』は描写、タッチ、デッサン全てやられますよね」と話し、演じた万次やほかのキャラクターの魅力等も熱く語った。

第3〜1位は脚本力で選んだと言い、第2位は人気の「鬼滅の刃」。脚本力が素晴らしく、ただの鬼を無敵化させておらず脚色力も素晴らしい、と熱弁。好きなキャラクターも紹介しているので、ぜひチェックを。

そして、第1位は、木村が好きな漫画といえば…の作品だ。

木村が視聴者のために選んだ5作品、先週、先々週も振り返って映画、書籍、漫画とおうち時間に楽しんでみては?(ザテレビジョン)