2016年に動画「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」が大ヒットしたピコ太郎が、新型コロナ禍の中で新たに送り出した“2020年バージョン”「PPAP-2020-」がデジタル配信されることが決まった。5月1日からダウンロードとストリーミングで配信されている。

■ 「PPAP」はギネス世界記録にも認定

2016年8月にピコ太郎がYouTubeにアップした動画「PPAP」は、ジャスティン・ビーバーをはじめ国内外さまざまな有名人がシェア、物まね動画を投稿するなど国境を超えた大ブームへと発展し、YouTube再生回数は3週連続で1位を獲得するなどすさまじく、トータルで再生回数約1億3300万を突破。物まねなどの関連動画は合計で約20億再生となり、全世界中で大ブレークを巻き起こした。

さらに、同曲は日本人としては26年ぶりにアメリカビルボードHot100にチャートイン(77位)。同チャートにチャートインした楽曲の中で「1曲の長さが最短」として、ギネス世界記録に認定された。

そんな大記録を打ち立てたピコ太郎と「PPAP」が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため一肌脱いだのが、2020年バージョンの「PPAP」。ピコ太郎がおなじみの音楽に乗って「Wash! Wash!」と手洗いの大切さ、正しい手洗い方法を訴える動画は、すでに約900万回視聴を超えている。

その話題の楽曲「PPAP-2020-」が5月1日よりダウンロードとストリーミングで配信開始した。ピコ太郎は「ピコ太郎から全世界に向けて… スマイルとSafe handsを求めて急きょ作りました! 洗え!笑え!守れ! さあ、みんなでWash!Wash!Wash!」とコメントしている。

また、この「PPAP-2020-」はJOYSOUNDが展開する家庭向けカラオケサービス、およびスマートフォン向けカラオケアプリにて、順次配信をスタートする。(ザテレビジョン)