安斉かれんと三浦翔平がダブル主演を務め、注目を集めるドラマ「M 愛すべき人がいて」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)。第4話(近日放送)では、田中みな実演じる秘書・礼香が大暴走! 純白のウエディングドレス姿でマサ(三浦)に迫る狂気あふれるシーン写真が先行公開された。

■ 「怖すぎてヤバイ」視聴者から反響続々

平成の歌姫が誕生するまでと、そこに秘められた出会いと別れを描いた同名小説(小松成美著・幻冬舎刊)に、脚本家・鈴木おさむの手でドラマならではの彩りとオリジナル要素をプラスした「M 愛すべき人がいて」。

田中は、マサを愛するあまりアユ(安斉)を過剰に敵視し、あらゆる手を使って嫌がらせを続ける眼帯の秘書・礼香を好演中。礼香のエキセントリックなキャラクターに、視聴者からは放送がスタートするやいなや「怖すぎてヤバイ」「夢に出てきそう…」といった声が上がる大反響を呼んでいる。

田中の怪演も注目を集め、同作は快調な滑り出しを見せている。4月18日放送の初回は、世帯視聴率5.6%をマーク。土曜ナイトドラマ枠の放送としては「おっさんずラブ−in the sky−」5.8%、「東京独身男子」5.7%に次ぐ歴代3位という数字を記録した。(※関東地区、ビデオリサーチ調べ)

また、Twitterでも初回は日本のトレンド2位&世界トレンド10位を記録。続く4月25日放送の第2話は日本トレンド2位、世界トレンド5位に踊り出るなど、注目度は右肩上がりだ。

そして第4話では、会社の専務室でなぜかウエディングドレスに身を包んだ礼香がマサを待ち構えている…という身の毛もよだつシーンが用意されている。

■ 田中みな実“礼香”の強烈な違和感漂う先行カット公開!

そんな中、田中がウエディングドレスをまとった第4話場面写真がこのほど公開された。美しいウエディングドレスと、強烈な違和感を発するオレンジの眼帯のギャップがより一層恐怖を誘う一枚だ。

さらに、礼香がウエディングドレス姿でなにやら指差し激高するカットや、マサの頬を両手で包み誘惑するカットも同時公開。礼香がますます存在感を増していくことをうかがわせる。

なお、新型コロナウイルス感染拡大を受け、「M―」第4話の放送は当面の間延期となる。次週5月9日(土)は、視聴者の反響の大きかった第1話に同作ファンの伊集院光・古市憲寿による“そうとうマニアックで香ばしい番組解説”のスペシャルオーディオコメンタリーをプラス。初出しとなる第4話以降の見どころも加えた“リミックスバージョン”として放送する。

さらに「ABEMA」では、伊集院・古市による新撮の独占限定コンテンツ「業界震撼の裏話トーク」も加えた特別バージョンとして番組を配信する。(ザテレビジョン)