5月1日放送の「ミュージックステーション」(毎週金曜夜9:00-9:54 テレビ朝日系)は「今こそ家で踊りたい曲」を特集。「踊りたい曲」がランキング形式で発表された。

そんななか星野源の「うちで踊ろう」が4位にランクイン。そこで星野源がリモートで特別出演しスペシャルインタビューに答え、「うちで踊ろう」について思いを語る一場面があった。

タイトルを「うちで踊ろう」とし、漢字の「家」や「おうち」にしなかったのは、「おうち」「家」としてしまうと、「家限定」になってしまうが、ひらがなの「うち」にすることで「心の内」という意味になると思ったと言い、「心の内側で踊ろう、心が躍るっていう…」とタイトルに込めた意味を語った。

この星野の発言に視聴者は「もうね、そういうとこ…もっともっと好きになった(涙)」「そんな深い意味が込められていたとは…!」「深すぎる!」「星野源すごい!」「尊敬できる」「まじすごい人!」「星野源さんありがとう」と感謝と感動のコメントが多数あがっていた。

「うちで踊ろう」は、「家でじっとしていたらこんな曲ができました」とコロナ感染拡大による外出自粛中にできた同曲を星野がInstagramで発表。コメントで「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」と呼びかけたことで、三浦大知、渡辺直美、高畑充希をはじめとした多くの芸能人がコーラスやダンスを付け加えて広がっている。(ザテレビジョン)