新型コロナウイルスによる外出自粛が続き、自宅で過ごす時間が長くなる中、著名人におすすめの「おうちエンタメ」をアンケートで聞く「#StayHome連載」。普段演者としてパフォーマンスする側の人々は自宅ではどんなコンテンツを楽しんでいるのか? 

今回は歌舞伎俳優・中村隼人さんに家で過ごすためのおすすめエンタメを答えていただきました。

■ Q1:在宅時の楽しみ方を教えてください

時間がたくさんあるので、普段はなかなか出来ない読書をしています。小説だけでなく、この機会にさまざまなジャンルの本を読んでいます!

煮込み料理を作ることも増えましたね。じっくりコトコト、おうち時間を楽しんでいます!

■ Q2:おすすめのテレビ番組を教えてください。

「世界ふしぎ発見」(TBS系)

普段はなかなか旅行に行くことが出来ないので、番組を観て「行った気」になっています(笑)。

■ Q3:おすすめのテレビ以外のコンテンツ(小説・漫画など)を教えてください。

「キングダム」

面白いという噂は周囲から聞いており、もともと三国志が好きということもあったので、 アニメを観始めると…あっという間に引き込まれました。とにかく、登場人物がそれぞれが魅力的です!

■ Q4:最後にメッセージをお願いいたします。

先が見えない自粛や自宅待機が続き凄いストレスを感じていると思います。

コロナが終息していつも通りの生活ができる未来を想像し、やりたい事、希望を見つけながら乗り越えましょう!

●なかむら はやと…1993年東京都生まれ。二代目中村錦之助の長男。屋号は萬屋。2002年2月の歌舞伎座「寺子屋」の松王丸一子小太郎役で、初代中村隼人を名乗り初舞台。スーパー歌舞伎2「ワンピース」、新作歌舞伎「NARUTO」など新作の歌舞伎へも多数出演。最近では、歌舞伎だけでなくテレビや雑誌など幅広く活躍している。昨年、NHK BS時代劇「大富豪同心」では連続ドラマ初主演も務めた。(※スーパー歌舞伎2の「2」は正しくはローマ数字)(ザテレビジョン)