5月8日の「ミュージックステーション」(毎週金曜夜9:00-9:54 テレビ朝日系)は、「アーティストたちが今届けたい歌」をテーマに放送された。

この日は約1カ月ぶりに生放送を実施。ソーシャルディスタンスをとったうえでRADWIMPSが登場。「Mステ」出演のために書き下ろした新曲「新世界」を披露するのを9台の無人カメラによりオンエアした。

演奏前にボーカルの野田洋次郎が、「悲しすぎることがたくさん起きて失ったものがたくさんあるんですけど、僕ら前を向いて未来に向かって生きなきゃいけなくて…」と、この曲に込めた思いを語る場面もあった。“みんなが新しい未来を創造したくなるような気持になる曲になれば”という思いの込められたRADWIMPSの新曲の生演奏に視聴者はSNSなどで「すごく励まされた」「新曲涙が出た」「前向きになろうと思いました」「歌詞のひとつひとつが心に刺さった」と称賛の声を送った。

また、リモート中継では、ToshI、Superfly、スガ シカオ、ゴスペラーズ、小沢健二が出演。ToshIはプライベートアトリエから中島みゆきの「時代」を、Superflyがリモートレコーディングによって制作した新曲「Together」を、小沢は自宅で「流動体について」を披露した。

次回の「ミュージックステーション」は、5月15日(金)夜9時から放送。川上洋平([Alexandros])、山口一郎(サカナクション)らが登場する予定だ。(ザテレビジョン)