演劇ユニット「地球ゴージャス」の結成25周年を記念した舞台「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」が、6月20日(土)にWOWOWライブにて放送される。

岸谷五朗と寺脇康文によって旗揚げされた演劇ユニット「地球ゴージャス」の結成25周年を祝して上演された本作は、2009年に初演され、大好評を博したステージの新演出版。

舞台初主演となる新田真剣佑に加え、笹本玲奈、松本利夫、湖月わたる、愛加あゆ、島ゆいか、森公美子という豪華キャストが集結した。

主題歌には、作品のために書き下ろされたEXILEの「愛すべき未来へ」が引き続き使用され、歌やダンスがふんだんに披露されるエンターテインメント性の高いステージとなっている。

新田の「地球ゴージャス」への参加は、前作の「ZEROTOPIA」に続いて2作目。見る者を圧倒する演技力のみならず、殺陣、歌、ダンスと舞台を縦横無尽に駆け巡る姿に注目だ。

今回は、3月から4月にかけての東京公演が一部公演中止、大阪公演は全公演中止となってしまっただけに、公演を楽しみにしていたファンにこの作品を届けたいという思いから、無観客による収録を実施。舞台上からも撮影するなど、臨場感あふれる特別版として放送される。

公演を見ることが叶わなかった人も、貴重な公演を見ることが出来た人も、地球ゴージャスのアニバーサリーイヤーを彩る本作を、ぜひテレビの前で楽しもう。

■ 「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」ストーリー

海の神とされるシャチに運ばれて、一人の⻘年(新田真剣佑)が小さな島の浜辺に打ち上げられた。その島には、笑顔と踊りの⺠族であるタバラ族が暮らしており、記憶を失ったその⻘年は、タバラ族の女ステラ(笹本玲奈)に優しく介抱され、シャチと名づけられる。

一方で、タバラ族の勇者であるカイジ(松本利夫)とザージャ(寺脇康文)は、シャチと一緒に流れ着いたもう一人の倭人・トド(岸谷五朗)を、なかなか受け入れることができずにいた。だが、言葉も慣習も違う倭人とタバラ族の間に、次第にかすかな信頼関係が生まれ始める。

そんな中、明治新政府軍と蝦夷共和国建設を目指した旧幕府軍との争いが始まり、タバラ族は追われ、ひそかに大切な作物を育てていた「星の大地」は無残にも踏みにじられていく。そして、その争いの渦に飛び込んだシャチは、失っていた記憶を取り戻すのだが...。(ザテレビジョン)