5月2日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)は、ついに明石家さんまが一人で登場。さんまが総集編を見ながら、解説付きで心に刺さった芸人たちへ賞を送り、番組愛を語った。

オープニングで、部屋のセットをバックに「たった一人の向上委員会〜!」とタイトルコールしたさんまは、「これに関わったスタッフの皆さん、すみません! 仕事がなくて家に帰れたところを、俺が現場に行った方が家にいるよりはいいかと思って…と提案したら、こんな邪魔くさいもんだと思いませんでした(笑)」と、笑いを交えながらスタッフに謝罪。

そして「総集編を流せば良かったんですけども、いつもみんな頑張ってくれてるし、(番組が)面白いのに、世間がそう認めないのが…。『向上委員会』には(そういうネタが)いっぱい詰まってるんですよ。ここはもうちょっと世間が気付いてくれ! これ面白いのになぜ話題にならない!という不満が常々ありまして…」と語り、今回あえてセットで収録した理由と熱い番組愛を明かした。

「ものまね番組におススメしたいで賞」は、五木ひろしのものまねを披露したイワイガワ・岩井ジョニ男が受賞。初代モニター横芸人として、松山千春の「やっぱ俺だなぁ」でブレークしたジョニ男だが、実はこの芸は、さんまとずん、ジョニ男がお好み焼き店で2時間練習した末に仕上がったものだという。ジョニ男に「やっぱ俺だなぁ」と言わせたいがためにモニター横に置いたことがきっかけで、現在の“モニター横芸人”という枠が誕生したと明かした。

ネット上では「さんまさんがこれまでの出演した芸人を評価したり意見を述べたりするめちゃくちゃ贅沢な神回。今後もたまにはやって欲しい」「向上委員会って芸人とお笑い好きのおっさんしか見てないって自虐してるけど、ゆとり世代も楽しんで見てますよ(笑)」などの声で盛り上がりを見せていた。

次回は5月9日放送。総集編の後編を送る。(ザテレビジョン)