俳優の松下洸平が5月6日(水)にNHK総合で放送される「もふもふモフモフ」(朝8:15-9:00)に出演する。

堤真一が語りを務め、イヌ、ネコ、ウサギ、ハムスターなどキュートな“もふもふ”たちの姿を紹介する同番組。

松下は街ブラをしながらそこに暮らすもふもふと触れ合い、その印象をその場でお絵描きする「モフモフおえかき」のコーナーに登場。

東京・三鷹市にある茶房の看板犬・ミンミンと杉並区にあるバングラデシュ料理店にいるネコ・ちゃいろと触れ合った。

今回、収録後の松下にインタビューを実施。動物好きだという松下に自身の飼っていたペットとの思い出や収録の感想を聞いた。

――収録を終えての感想を教えてください。

イヌとネコではだいぶ扱いが違うんだなということが分かりました。

ワンちゃんは、はじめカメラにびっくりしていたのですが、15分くらいすると僕の膝に手を乗せるくらい懐いてくれました。

でもこの方がですね… (とネコのちゃいろの様子を見ながら話す松下)。なかなか難しくて、結果猫パンチを16発くらいくらって終わりました(笑)。

マグロをいっぱいあげて仲良くなろうとしたのですが、警戒心が強い子みたいで…。(ちゃいろに向かって)ごめんね。

■ 「“動物と暮らす”ということ自体がすごく特別なこと」

――出会った“もふもふ”の印象を絵に描くということでしたが、どんな絵をお描きになったのでしょうか?

ミンミンは特技がたくさんある子だったんです。手を回すとミンミンも同じように回してくれたり…。

すごくお利口で、お会計もしてくれるんですよ! かごを持ってきてそこにお金を入れてもらってレジに持っていき、そしてお釣りも持ってきてくれるんです。

さらに“ツンデレ”的な魅力も持っているワンちゃんだったので、「ミンミンが店の切り盛りをしている」というイメージの絵を描きました(笑)。

――もともと動物はお好きなのでしょうか?

好きですね。ひとり暮らしなので飼うことはできず、動物と触れ合う時間もなかなかありませんが、友達の家にいるイヌやネコを可愛がっています!

――収録を拝見しているとワンちゃんがお好きなんだなという気持ちがとても伝わってきました! やはり好きな動物はイヌなのでしょうか?

イヌは特別かもしれないですね、実家で長く飼っていましたし…。

言葉は通じないし、正直なところ思っていることは分からないじゃないですか。でも飼っていた時には心が通じ合ったなと思う瞬間がたくさんあったんです。

また、言葉を発しない代わりに兄弟げんかとか家庭内での出来事、そういう家族の歴史を黙って見守ってくれているなと感じて…。

だから僕にとってイヌは特別な存在だなと思います。ただ、イヌだけじゃなく、“動物と暮らす”ということ自体がすごく特別なことだという気がしますね。

■ 「より人間に近い生き物と接して友達になってみたい」

――今はなかなか動物と触れ合う機会も少ないとのことですが、今の生活の中で癒される瞬間はありますか?

本当に些細なことですね。

家に帰ってきてパジャマに着替えた瞬間とか、湯船に浸かってるとき、「明日休みだ〜!」って昼まで寝れる前日の夜とか…。

ちょっと夜更かしをして好きな映画を見たり、本を読んだり一人で過ごすことが多いですね。そして昼まで寝る…。最高に幸せですよね(笑)!

――この番組ではイヌ、ネコ以外にもさまざまな“もふもふ”が登場していますが、もし次出演する機会があったら触れ合ってみたい動物はいますか?

チンパンジーとか、より人間に近い生き物と接して友達になってみたいですね!言葉が理解できたりする動物とコミュニケーションをとってみたいな。

それこそ絵を描ける動物とかもいますよね? 一緒に絵を描いたりしてみたいです。(ザテレビジョン)