柴咲コウ、ムロツヨシ、高橋一生らが出演する打ち合わせやリハーサル、本番収録も直接会わずに行う“テレワークドラマ”の「今だから、新作ドラマ作ってみました」(夜11:40-0:10ほか、NHK総合)が5月4日(月)から3夜連続で放送される。

同ドラマの総指揮を執ったNHKの編成局編成センター副部長・岡本幸江氏が“テレワーク”での取材会でドラマの見どころなどを語った。

岡本氏は、同ドラマの制作に至った背景について「新型コロナがこのような状況になってから、新たな番組を作ることが難しくなっている中で、何か人の心に届くもの、温めるものが必要なのではと思い、このドラマを制作することになりました」と語り、同じ気持ちのスタッフや出演者らが集まったという。

また、制作の期間について岡本氏は「4月上旬に上司の“GOサイン”を得てから、翌日には脚本家とプロットの打ち合わせをはじめ、翌々日にはキャスティングを、そして2週間ほどで収録にこぎつけたというスピード進行でした。今だからこそできるドラマだなと思いました」と語った。

そんなスピード進行の中、出演者らからは「シンプルに面白いからやりたい、何か自分もできないかと考えていた」とすぐに出演快諾の返事が来たと岡本氏は振り返った。

■ 岡本幸江氏「本当に俳優部の皆さんにはお世話になりました(笑)」

撮影時の出演者らの様子を聞くと、岡本氏は「どのドラマも二人芝居、三人芝居なので、まずはせりふの多さに疲弊してらっしゃる印象でした。そして何より、ご自身でカメラを持っていただいて撮影をしていただくことも多かったですし、カメラワークも全てご自身でやっていただかなくてはならなかったので、大変だったかと思います。その中で、出演者の皆さんから『こういう風に撮影した方が面白いのではないか』などの提案もありましたね。衣装やヘアメークもご自身で用意していただくようお願いしたので、本当に出演者の皆さんにはお世話になりました(笑)」と振り返った。

出演者らの貢献度は120%という岡本氏は「皆さんが『やりましょう!』と言ってくださらないと絶対にできなかったドラマなので、どうなるかわからないところに飛び込んできてくださった皆さんには本当に感謝しています」と笑顔を見せた。

5月4日(月)放送の第1夜「心はホノルル、彼にはピーナツバター」(夜11:40-0:10、NHK総合)に出演する満島真之介、前田亜季について岡本氏は「満島さんと前田さんはこれまで共演の機会がなかったそうで、このテレワークで初共演なのでまだ一度もお会いしたことがないと言っていました。この事態が落ち着いたらお会いしましょうねと、お二人は楽しみにされているそうです」と語った。

■ 第1夜「心はホノルル、彼にはピーナツバター」

婚約中の神林五郎(満島)と森本千明(前田)。五郎の転勤のため目下遠距離恋愛中だ。折しもこの春予定していた人生最大のイベント、ハワイでの結婚式は開催が中止に。

うまく事が運ばないイライラと会えない寂しさ…。そんな思いを抱えながらも唯一の連絡手段となったビデオチャットで今日も2人のラブラブトークが始まる。ところが些細な行き違いから二人の隔たりが露わとなってまさかの破局にまで発展してしまう。

■ 第2夜「さよならMyWay!!!」(5月5日[火]夜11:15-11:45、NHK総合)

宍戸道男(小日向文世)は40年連れ添った妻・舞子(竹下景子)を脳卒中で失ったばかり。それでも悲しみに耐えながら、自ら営む保険代理店の仕事を今日も真面目に誠実にこなしていた。

その時、業務用のパソコンに1件のビデオ電話がかかってくる。画面の向こうにいるのは…。なんと死んだはずの舞子だった。そして、さらに驚がくの展開が。画面越しに舞子が突き付けてきたのは離婚届。いったい妻は何のために幽霊となって道男の前に現れたのか

■ 第3夜「転・コウ・生」(5月8日[金]夜11:40-0:10、NHK総合)

外出自粛で家に閉じこもっていると「あの人に会いたいな」という気持ちが募りますよね。するとなぜか「会いたい」と思った人と魂が入れ替わる珍事が発生し…。シバサキコウがむろつよしと入れ替わり、今度はタカハシイッセイとも入れ替わって大混乱!会いたいってこういうことじゃないんだ!果たして3人は元の体に戻れるのか。抱腹絶倒のファンタジー・コメディー。(ザテレビジョン)