5月6日(水)に放送される「突然ですが占ってもいいですか?」(毎週水曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)で、“フォーチュンウォッチャー”の沢村一樹、水野美紀、池田美優と、占い師・星ひとみの初対面がリモートで実現する。

同番組は、芸能人も占うスゴ腕占い師が、「突然ですが占ってもいいですか?」と街でいきなり占いを持ち掛けるという“占い突撃番組”。

6日の放送では、天星術、姓名判断、手相を組み合わせて占っていく星の見事な“LOCK-ON(的中)”ぶりに仰天した3人が、「(占いでは)人の寿命は決まっているのか?」「何を見ているのか?」「自分のことも占えるのか?」など、彼女に聞いてみたかった疑問を次々とぶつけていく。

また、手相や画数などについて詳しく教えてもらう他、人を占うときの強い目力の秘密や、「誰でも運命は変えられる」という持論などを聞き、星の占い師としてのプロ意識の高さに感心する。

また、星が画面越しでも占えると言い出すと、池田が「怖いから占わないで〜(笑)」と怖がる場面も。そんな池田に星は、「画数を変えれば、タレント生命が長くなる」とアドバイスを送る。

VTRでは、星が東京・上野の繁華街へ向かう。星は、YouTuber“カジサック”としても活躍するキングコング・梶原雄太の5人の子供全員を命名し、自衛隊や政府関係者を占ったこともある実績の持ち主。そんな星がある女性と顔を合わせた途端、不思議そうに「あなたの“気”は見えづらい…」ともらす。

だが、詳しく話を聞いていくと、意外な事実が明らかに。星は、「“気”がズレて見える理由が分かった」と膝を打ちながら、これから新しい生活を始める女性に対し、ある建設的なアドバイスを授ける。

さらに星は、40代の“ママ友”二人組と対面。それぞれのわが子への思いに優しく寄り添いながら、感動的な助言の数々を送る。

続いて、28歳男性と25歳女性のカップルが登場。開口一番、「オーラがとてもよく似ている」と二人の相性の良さに太鼓判を押した星は、それぞれの性格を細かく分析。やがて、お互いがひそかに胸に秘めている思いをひもとき、二人へエールを送り始める。

明るい未来を見据えた星のアドバイスに真剣に耳を傾けていた二人だが、途中、男性が急に顔を赤らめる場面も。星の一言に「コレが一番恥ずかしい!」と男性がたまらず叫ぶなど、大いに盛り上がる。(ザテレビジョン)