いま若者を中心に、絶大な影響力を誇っているのが「恋愛リアリティーショー」だ。現役の高校生から大人の恋愛まであらゆる番組があり、それぞれ出演者たちは限られた時間の中で真剣に恋愛や結婚に向き合っていく。その等身大の姿に、視聴者も気が付いたら共に泣き笑い、応援してしまうのだ。

そんな“恋リア”に出演した歴代人気メンバーが、“リモート”で大集合!おススメの「おうち時間」の過ごし方や、番組出演時の裏話などをたっぷり語ってくれた。前編ではその中から、出演した反響や恋愛観の変化など赤裸々“恋愛”トークをお届け!

集合メンバーは10人。「オオカミちゃんには騙されない」からはほのばび(浪花ほのか)、いと(宮瀬いと)、ひろむ(黒田昊夢)。「今日、好きになりました。」からはせなかれ(後藤聖那&石川翔鈴)、さとまる(くまがいさとし&向葵まる)の2カップル。「恋する・週末ホームステイ」からは現在恋ステバンド「Lilac」でも活動するれな(白川怜奈)、こころ(海老野心)、アンネが登場。

■ 【Q1】恋愛リアリティーショーに出演たことで反響はありましたか?

■ オオカミチーム「番組は今見ても恥ずかしい!」

ひろむ「はい!(挙手)」

いと「挙手制!?(笑)」

ひろむ「うん(笑)。僕が反響を感じたのは、地元の人に声を掛けられることが多くなったこと。普段は関わりのない人も連絡をくれたり」

いと「見たよーみたいな?」

ひろむ「そうそう」

いと「それは確かに! 私もきたかも」

ひろむ「いろんな方が見てくれていて、反響の大きさにビックリしました!」

ほのばび「私も番組に出るまでは普通に街を歩いていても声を掛けられることはなかったけど、番組をきっかけに声を掛けていただくことも増えました」

いと「私は友達からオオカミちゃんじゃないの?って疑われてた(笑)。放送を見て自分ってこういうしゃべり方なんだとか、人に対してこういう接し方してるんだっていうのが新鮮でしたね。結構、私冷たいんだなって(笑)。自分の恋愛を自分で見るっていうのは恥ずかしかったです。今見ても恥ずかしい!」

■ 今日好きチーム「友達からはあんな顔見たことない!って…(照)」

全員「かなり反響がありました!」

せな「いろんな人が僕たちのことを知ってくれるようになったのは感じますね」

かれん「そうだね。私は、『今日好き』に出るまでは、SNSのフォロワーが500人しかいなかったんですけど、番組をきっかけに増えて、昨日で40万人になりました」

まる「数字的なものも大きく変化したし、世間からの認知度も変わってきたよね。街中歩いてるとすごくたくさんの方に声を掛けてもらうことも多くてビックリしました。『さとまる』のまるちゃんですか?って。さとしくんとセットで認知してもらってる感じがあります」

かれん「分かる、分かる!」

さとし「認知度が上がったことによってYouTubeとか、こういった取材だったり、お仕事の幅も広がったよね。いろんなことに挑戦できてる」

かれん「私は普通の高校に通っているんですけど、学校の8割ぐらいの人が『今日好き』を見ていてくれたのでうれしいけど恥ずかしかったです。『番組で言ってたみたいに、カッケーって言ってよ』って言われたり(笑)。恋しているところを見られることもあんまりないので、友達からは『あんな顔見たことない!』って言われたりもしました。過去一デレデレしてたみたいです(照)」

せな「確かにあらためて見ると恥ずかしいよね。こういうセリフ言おうって考えてるわけじゃないし、そのときにパッて頭に浮かんだ言葉とか、好きだって気持ちを伝えてるだけだから。いざ自分が何を言ってたのかな?って思いながら見ると恥ずかしくなる(笑)」

まる「まるも。オンエアを見て何で自分そんな発言出てくるんだろう?って思った(笑)。よく出会って2日目で『さとしくんしか見てないよ』って朝一で言えるな、コイツとか(笑)。『妹止まりは嫌だよ』ってセリフも何で出てきたんだろう…。逆にすごいなって。あのときのウチ、相当さとしくんに冒されてたんだろうなって分かりました(笑)」

かれん「一途でかわいかったよ♪」

さとし「うん」

せな「デレてるやん!」

さとし「でも、まるが悩んでるところをもう一回見られるっていうことは、もう一回まるのことを好きになれるってことだから」

かれん「ロマンチスト!」

せな「おまえすげーな!!」

かれん「ポエマーなの?(笑)」

さとし&まる(照)

■ 恋ステチーム「番組で見ていて憧れの人だった!」

れな「めちゃくちゃ反響がありましたね。声を掛けてくれる方が増えました。カップルとしてデートに行くと、人が集まってきたりとか(笑)。ありえないことが起きました」

アンネ「私そんなになかったです」

こころ「え!?」

アンネ「私は名古屋女子として出させてもらったので、名古屋駅に行くと人が集まってきたり…。あと、カップル成立した翌日に原宿でデートロケをしていたら修学旅行生に囲まれたり…」

こころ「それは、反響があります(笑)」

アンネ「アハハ! でも2人よりは全然! 自分が告白する前にこころの告白シーンを見てたりしてたので、先輩っていう感じなんですよ」

こころ「先輩じゃないですよ! ね?」

れな「うん。でも、2人はまだ私に敬語を使ってる(笑)」

こころ「れなさんは大先輩なので!」

れな「タメ口でいいよって言ってるのに〜!」

アンネ「だって、ずっと見てましたもん」

こころ「れなちゃんは『恋ステ』の中でも憧れの人だったので」

アンネ「分かる! タメ口なんて恐れ多いです」

れな「やめてよ〜!」

■ 【Q2】では、番組に出演したことで自身の恋愛観に変化はあった?

■ オオカミチーム「恋愛に対して大人になれたのかな 」

ほのばび「恋愛観は結構変わりましたね。『オオカミちゃんには騙されない』では私が一番年下だったので、年上の人達の中で恋愛をするっていうのが初めてだったので、大人のお姉ちゃんたちに恋愛相談にのってもらったりするなかで、考え方が変わったというか…前みたいに男子には騙されなくなりました(笑)」

いと「よかった〜!」

ほのばび「恋愛に対して大人になれたのかなって」

ひろむ「まぁ、そうだね〜」

いと「ひろむこそ急成長してたもんね」

ひろむ「俺は普段全然恋愛をしない人なので。恋愛ができたことが自分でもビックリした」

いと「急成長だよね。私は人に相談するのが苦手なタイプなので、あれだけみんなと相談をしながら恋愛をするっていう経験自体が初めてだった。ばびたんにも相談にのってもらったし…。恋愛だけじゃなくて友情も深まったから良かったなって思ってます」

ひろむ「俺も初めて女の子の友達ができた!」

いと&ほのばび「よかった〜!」

いと「あとは(カップル成立した)ルードくんが変わった人だったから。影響は受けたかも知れない(笑)。こんなに心が広い人がいるんだって」

ひろむ「確かに(笑)。僕の場合は、好きになった相手が年上だったのでとにかく付いていかなきゃっていう気持ちが大きかったのもあってなんですけど、相手のことを第一に考えるっていうことができるようになったのが一番の変化したことですかね」

■ 今日好きチーム「SNSとかにも彼女のことをあげたことがなかったのに…」

かれん「ありました! 元々せなの他に2人お付き合いさせてもらったことがあるんですけど、せなが付き合って約半年で、初めて半年続いてるっていうのもあるんですけど、今まで付き合った人って自分から甘えることができなかったんですよ。自分は甘えちゃいけないし、弱音も吐けないっていうプレッシャーがあったんですけど、せなと付き合ってからは弱音も吐けるし、甘えられる立場にも甘えてもらえる立場にもなったし。気を遣わないでいられるから対等でいられる。価値観の会う人に初めてあったなって思います」

せな「僕も一緒です。前は結婚するって思った人しか自分の家に呼びたくなかったんですよ。だけど、かれんと出会って2カ月くらいでおうちに誘って、お母さんに挨拶してもらって。俺もかれんのご両親に挨拶したりして…。番組でお付き合いしたし、高校生だから、軽い気持ちって思われがちなんですけど、本気でお付き合いしてる。結婚前提にお付き合いしてるつもりです。かれんと付き合っていろんな新しい感情を教えてもらってます」

かれん「うれしい! 恥ずかしい!(照)」

まる「まるは高一で今日好きに出させてもらったので、それまではそこまで本気で人を好きになるっていうことがなくて。今まで好きになった人の中で一番好きだなって思える人だし、自分の中でももっとかわいくなろうとか、さとしくんがいるから自分が変化できるのが楽しいです。ここまで一緒に居たいなって思う人が初めてなので感謝の気持ちが大きいです」

さとし「俺は、今まで付き合ってきた人数がそれなりにいたけど2カ月も続いたことがなくて、人生で半年以上続いてるのはまるが初めて。SNSとかにも彼女のことをあげたことがなかったし。でも、まるの場合は表立って好きっていえるし。今日好きで会ったからこそラブラブアピールができるんですよ。実際学校でやったら『なんだこのリア充』ってひんしゅくを買うと思うんですけど(笑)」

一同(笑)

さとし「堂々とラブラブアピールができるのは楽しいなって思うし、一緒に居られる相手と出会えてよかったなって思ってます」

まる「ね!」

■ 恋ステチーム「結構ガツガツ行くんだって、自分でもビックリ」

アンネ「変化というか、気がついたのは(番組で)最初は女の子らしくしようと思ってたけどやっぱり無理ってことですかね(笑)」

こころ「分かる。私も無理だった(笑)」

アンネ「素を出し過ぎました…」

一同(笑)

れな「元気でよかったよ」

アンネ「マジですか? ありがとうございます!」

れな「私は彼氏を信頼できるようになったことが一番大きいかも。この間お別れしちゃったんですけど、1年半くらい遠距離してて。遠距離も初めてだったし、こんなに人と長く付き合ったのも初めてだったから、大人になった気がします。前は子供で毎日会わなきゃ死んじゃう!って思ってたし、LINEが返ってこないだけで怒るし…みたいな感じだったけど、遠距離でそんなこと言ってたら死んじゃうので(笑)」

こころ「恋愛の中でライバルがいる状況って普通ならそんなにないじゃないですか。どうなるんだろう?って思ってたけど、結構自分はガツガツ行くんだって自分でもビックリしました。6日間の中で恋愛しよう!っていう番組だからこそ、見えた自分の新しい部分だったんじゃないかな?と思います」

れな&アンネ(力強く頷く)

アンネ「私なんて最後の最後に思ってもないライバル出て来たからね(笑)」

一同(笑)

アンネ「安心しきってたのに、告白の前日のタイミングでライバルが出てくるとは! でも自分で行動しないと他の女の子にとられちゃうから。無理矢理にでも積極的にならなきゃいけない環境ではあったなと思いますね」(ザテレビジョン)