映画を愛するスピードワゴンの小沢一敬さんならではの「僕が思う、最高にシビれるこの映画の名セリフ」をお届け。第16回は、ゲーム感覚で恋を楽しむ“嘘つき男”が“車椅子の美女”と本気の恋に落ちる大人のラブ・ストーリー、『パリ、嘘つきな恋(2018)』(6月25日(木)夜9:00、WOWOWシネマ)。さて、どんな名セリフが飛び出すか?

──今回は、フランス国内で大ヒットを記録したというラブ・ストーリーをピックアップしていただきました。

小沢「基本、俺は恋愛映画が好きじゃないって言ってきたし、実際あんまり観てこなかったんだけどさ。この映画は恋愛映画ではあるけど、決してそれだけでは終わらない映画で、とても面白かった」

──この主人公のジョスランを演じてるフランク・デュボスクが、監督であり脚本も書いてるらしいですよ。

小沢「えっ、そうなんだ」

──フランスの人気コメディアンらしいです。

小沢「なるほどね。たしかに、適度にいい感じの笑いが入ってるもんね。めちゃくちゃボケまくるとか、お腹抱えて笑っちゃうとか、そういう大爆笑じゃなくて、ニヤリとするような笑いね。小さじ少々ぐらいの割合の、ちょうどいい笑い。だから、最後までニヤニヤしながら楽しんで観られたよ」

──ストーリーもよくできてて、シャレてましたね。

小沢「全部シャレてたね。あまりにスイートすぎると観てて歯がゆくなるけど、この映画は適度なカフェオレみたいな。フランスだけに(笑)。野暮ったくないというかね」

──とても小沢さん好みの映画だったのではないかと。

小沢「そうね。今さ、世の中が自粛中でStay Homeしてる中で、時間があるから家の大掃除をしてるんだ。今の家に引っ越してから5年も経つんだけど、引っ越しのときから開けてない段ボールが30箱ぐらいあってさ(笑)。それをひとつずつ開けて、中にある本を整理してるんだけど、そこから寺山修司の昔の本が出てきて読み返してたら、『わかれは必然的だが、出会いは偶然的である』っていう文章があったのね。つまり、出会うのは偶然だけど、出会ってしまったら別れは必然的に訪れると」

──さすが寺山修司、良いこと言いますね。

小沢「そこから、出会いと別れ、偶然と必然、ということについて考えてるときにちょうどこの映画を観たから、すごく思うところがあってさ。いきなり名セリフの話からしたいんだけど、いいかな?」

■ 今回、小沢さんがシビれた名セリフは?

──もちろんです。今回、小沢さんがシビれた名セリフは?

小沢「また 偶然に」

※編集部注:ここから先はネタバレを含みますのでご注意ください。

──偶然出会った美しい女性、ジュリー(キャロリーヌ・アングラーデ)の気を引くために「自分は車椅子生活だ」と嘘をついたジョスラン。そして、ジュリーの姉で、車椅子生活を送りながらもヴァイオリニストとして世界中を飛び回るフロランス(アレクサンドラ・ラミー)。ジュリーの紹介で出会った2人。あるとき、偶然を装ってフロランスのコンサートを観に行ったジョスランは、一晩のデートのあと、彼女のホテルの部屋に誘われますが、彼女をだましていることに気が引けたのか、部屋には入らずに帰ろうとします。その別れ際に、フロランスがジョスランに向けて言ったセリフですね。

小沢「他にも好きなセリフとかシャレたセリフもたくさんあったけど、やっぱり、このセリフがこの映画の一番のキーワードだと思うんだ。偶然を装う嘘っていうのが、このストーリーでは重要なポイントでしょ」

──そうですね。コンサートを観に来たジョスランは、『偶然 近くで仕事があって公演のことを知った』って嘘をつきますし、フロランスもラストシーンで偶然を装った嘘でお返しをします。

小沢「ああいうシャレた嘘にだまされてあげるっていうのが、大人の条件なのかもしれないな、って思うんだよ」

──嘘だって分かってるけど、あえてツッコミはしないという。

小沢「そうね。あそこで『そんなわけあるか〜い!』って言ったら終わっちゃうもんね。ああいう楽しい嘘、素敵な嘘を共有できるっていう関係っていいよね。『パリ、嘘つきな恋』っていう邦題の通り、たしかにジョスランは嘘つきで、車椅子生活者のフリまでしてるんだけど、あれも相手を傷つけるためについた嘘じゃなく、ちょっとした遊び心で始めた嘘が取り返しつかなくなって、引っ込みつかなくなっただけじゃない」

──しかもその嘘も、まさに偶然のタイミングで車椅子生活者だと勘違いされたことがきっかけだったし。

小沢「そうそう。それに対して、これはネタバレになっちゃうけど、実はフロランスのほうも、彼が嘘をついてると最初から気づいてて。それを『嘘つき!』って言ってしまえば話は終わるんだけど、終わらせないために、ずっとだまされてあげてるんだよね。あとで、そのことを妹に告白するときに言う、『車椅子の純粋な少女は知らないふりをした。私もウソをついて“幸せ”を味わった。愛されるって素敵』って、あのセリフも好きなんだけどさ」

──結局、お互いが素敵な嘘でだまし合ってたわけですよね。

小沢「そういう意味で、今回の名セリフに選んだ『また 偶然に』っていうのは、『また、偶然のフリして誘ってね』っていう意味だし、『私も偶然って言いながら会いに行くから、その嘘に付き合ってね』っていう意味でもあったわけで。ああいうのが好きだね」

──大人の会話ですね、まさに。

小沢「実はこの映画に関して、俺にもすごい偶然の話があってさ」

■ この映画との奇跡的な出会いとは?

──なんでしょう?

小沢「この前、自粛中だから親友とオンライン飲み会みたいなのをしてたんだけど、そのとき俺が『何か面白い映画ない?』って聞いたら、彼が『オザにめちゃくちゃ観てほしい映画がある』って薦めてくれたのが、なんとこの映画で。そうしたらその3日後に、この連載で取り上げる映画の候補として届いた数本の中に、これが入ってたのよ」

──え〜っ、それは本当にすごい偶然!

小沢「親友は、『この主人公が、マジでオザっぽいやつなんだよ』って薦めてくれたんだけど、その3日後にそれが候補作として届くなんて、こんな奇跡的なことないでしょ(笑)。偶然っていうのは、本当に美しい出会いを演出してくれるよね」

──美しすぎる出会いですね、それは。

小沢「だから、寺山修司の言う通り、すべての出会いは偶然なのよ。今、こうして取材を受けて俺が喋ってるのも偶然だし。そういう偶然の出会いを、どれだけ面白いものに変えていけるかっていうのが、その人の生き方だと思う。それと同時に、この映画の登場人物たちのように、たとえそれが必然の出来事でも偶然のフリして笑える心の余裕みたいなものが、今の僕らにもうちょっとあってもいいんじゃないかな、とも思ったよね」

──特にみんな、心の余裕がなくなってる時期だからこそ。

小沢「そうね。今のこのご時世、何が正しいか、間違ってるか、みんなハッキリと白黒つけないと気が済まないし、間違ってるものをすぐ叩いたりするけど、そこにもっとユーモアがあってもいいんじゃないかなって思うんだよ。たとえ嘘だと分かっても、それを笑って受け止められる余裕みたいなものが、もう少しあってもいいんじゃないかと。もちろん、悲しい嘘とか、人を傷つけたり、そいつが得するためについてる嘘なんていうのは論外だけどさ。楽しい嘘は世の中を面白くすると思うし、嘘っていうのはエンターテインメントだからね。だから、このジョスランみたいな楽しい嘘なら、これからも俺はついていこうと思ってる(笑)」

──結局、ご親友の言う通り、小沢さんはジョスランと似てましたか?

小沢「まあ、たしかにね。ただ、俺が一番“俺っぽい”と思ったのは、ジョスランの秘書の女の子が泣き出すシーンだよね」

──ラスト近くのシーンで、秘書のマリー(エルザ・ジルベルスタイン)が「私はあなたの単なる秘書です。12年間ずっと注目もされなかった」と泣きながら訴え始めるところですね。

小沢「そう。『気づいてもらおうと奇抜な服装をした。服の数は多くないからうまく着回して』とか、『今日は誕生日なんです』『でも私には秘書がいないから、誰もあなたにそれを伝えてくれない』ってひとりでずっとベラベラ喋ったあと、我に返って『何のご用ですか』って聞くと、ジョスランが『誕生日おめでとう』ってプレゼントのカーディガンを渡すっていう」

──いいシーンですよね。ちゃんと彼女の誕生日を知ってた。

小沢「その緑色のカーディガンを見たマリーが感激して、『初めての色』って言うと、ジョスランが『知ってる』って。つまり、その色の服を君が持ってないことも知ってるよ、っていう。あそこの場面は、俺のキャラっぽいなと思った(笑)」

──たしかに小沢さんっぽい。

小沢「そういえば、あれもよかったよね。映画の最後に出てくる『みんな立ち上がろう』っていうメッセージ。あれはダブル・ミーニングになってるんだろうけど。車椅子から立ち上がるっていう意味もあるし、世の中のみんなに、何かアクションを起こしてみよう、って呼びかける意味もあるんだろうし」

──ただ、あれはメッセージみたいに見えましたけど、実はフランス語版の原題らしいですよ。

小沢「あ、そうなの? じゃあ、ただ最後にタイトルを出しただけ?」

──そういうことみたいです。

小沢「な〜んだ(笑)」

■ 小沢一敬

愛知県出身。1973年生まれ。お笑いコンビ、スピードワゴンのボケ&ネタ作り担当。書き下ろし小説「でらつれ」や、名言を扱った「夜が小沢をそそのかす スポーツ漫画と芸人の囁き」「恋ができるなら失恋したってかまわない」など著書も多数ある。(ザテレビジョン・取材・文=八木賢太郎)