新型コロナウイルスによる外出自粛が続き、自宅で過ごす時間が長くなる中、著名人におすすめの「おうちエンタメ」をアンケートで聞く「#StayHome連載」。普段演者としてパフォーマンスする側の人々は自宅ではどんなコンテンツを楽しんでいるのか?

今回は女優の桜庭ななみさんに、家で過ごすためのおすすめエンタメを答えていただきました。

■ Q1:在宅時の楽しみ方を教えてください。

時間がたくさんあるので部屋の掃除と断捨離をしました。気持ちがスッキリします。

あと、中々ベランダに出る事がありませんでしたが、外に出られない今、よくベランダに出るようになりました。天気が良いだけで嬉しくなります。

■ Q2:おすすめのテレビ番組を教えてください。

私は昔からドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)が好きで、最近また特別編が放送されていて家で見ています。またこれから放送がスタートする「ハケンの品格(2020年版)」(日本テレビ系)も楽しみです。

■ Q3:おすすめのテレビ以外のコンテンツ(小説・漫画など)を教えてください。

私は最近、好きな曲をピアノバージョンで聴いています。

今はたくさん時間があるのでピアノの音を聴きながら癒されています。私は映画「タイタニック」が好きで、セリーヌ・ディオンの「 My Heart Will Go On」をピアノバージョンで聴いています

■ Q4:最後にメッセージをお願いいたします。

いつも応援してくださっているみなさん、ありがとうございます。

今は新型コロナウイルスの影響で、自粛生活が続いていますが、またいつもの日常が1日も早く戻ること、そしてみなさんの無事と健康を祈っています。

今私は、ドラマ「13(サーティーン)」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)の撮影の再開と私の初のフォトブック「ななみFlowering」の発売を楽しみに待っています。みなさんにも、ぜひ楽しみにしていただけたらうれしいです。

■ Profile

●さくらばななみ…1992年10月17日生まれ。鹿児島出身。6月6日スタートのオトナの土ドラ「13(サーティーン)」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)で主演を務める。また、初のフォトブック「ななみFlowering」(講談社)が6月4日発売。(ザテレビジョン)