5月5日放送の「恵比寿マスカッツ 真夜中の運動会」(毎週火曜夜11:00-11:30※5月5日は夜11:15-深夜0:00、ABEMA SPECIAL 2チャンネル)は15分拡大版で、前週より引き続きメンバーの自宅から生中継で「自宅王決定戦!!」と題した企画を実施。今回もお題に奮闘するメンバーの頑張る姿のほか、再び“あの”メンバーの母親が登場するなど見どころ盛りだくさんの内容となった。

この日も、スタジオには、MCの大久保佳代子(オアシズ)とメンバーの吉澤友貴の2人のみ。吉澤は女子アナ風のジャケットとシースルーのブーツで登場し「うれしいんです、生放送でスタジオに来られるのが…」と笑顔。そんな吉澤から今回も、自宅待機中でも“エロく面白く”あるべきなマスカッツメンバーへお題を出し、メンバーがLINE電話で回答していく。

冒頭で大久保は、前回の内容を踏まえた優勝候補として「三上(悠亜)と小林(ひろみ)親子です」と名前を挙げ期待を寄せていた。さらに今回初参戦の光浦靖子(オアシズ)も登場したが、「妹の家にいそうろうしている」ということで「夜中にはしゃげない…」と控えめにコメントした。

■ 奈良、松本、“あの親子”のジワジワくる(!?)創作ダンス

最初のお題は、『出来る限り激しいダンスを歌いながらしてください』。

一番乗りは黒沢美怜で、髪を振り乱し踊るもなぜかスベッた空気が漂い早々に切られてしまう。続いて登場した石岡真衣は頭にタオルを巻き調理用具を手にかわいくダンスする様子に「バリエーション少なっ」と言われるも、持ち物を変え粘る姿に「元気そうなのは分かったね〜良かった」と少しずつ評価が上がっていった。

次に現れた奈良歩実は、昔のジャージ姿で「ピーチクパーチク」と口にしながら謎の動きを続ける。目力の強い表情と緑尽くしの部屋着、「小学生の頃人形をつぶしながら歌っていた」という不思議コメントにMC陣は爆笑。その後おかわりを求められるほど高評価を受けた。

続く松本ゆんは、持ち前のダンススキルを生かして頭や腕を振り回し、画面内にきっちりおさめるキレキレの動きで「激しいねーいいよ!」と大久保も絶賛。松本は最後に満足げな表情と笑顔で見事締めくくった。

その後挑戦したみひろはバブル時代を思い出させるメロディーとともに奮闘するも「スベッてますね」「やめますか?」とMC陣から助け船を出される展開に。続く川上奈々美は、ハットとサングラスを身に着け歌おうとしたが「世界観を作った感じがね…」と披露する前に即切りされてしまった。

前回高評価だった小林ひろみは、なぜかそろばんを両手に持ち登場。名物となりつつある母親も画面の端から少しずつフレームインし、ロボットダンスのような動きを披露。スタジオから声を掛けられるとカメラに向かって倒れ込むアクシデントも起こした。

その後は由愛可奈が初参戦。天蓋のついたベッドの前であぶない(?)動きを繰り出しMC陣も「怖いよ…」と困惑。続くスペシャル参戦の光浦は、「よっとこ〜らせ」という掛け声とともに伝統芸能のような舞いを披露した後、自分から切るというおさまりの良いベテラン芸を見せた。

三上悠亜は、かつて所属していた国民的アイドルグループ時代の楽曲を振り付きで踊って見せた。今の気持ちを聞かれると冷静な口調でおなじみのフレーズ「ツラいです」と何度もアピール。桃乃木かなも今回初参戦したが、こぶしを聞かせた曲とともに踊りながら最後にセクシー(?)ポーズを決めるなど大胆な大喜利っぷりだったが、「終わりました」と早々に電話を切るなど企画挑戦のダメージを受けているようだった…。

■ 小道具の使い方でみひろと黒沢美怜が健闘!

続いて『あなたの家に住んでいるトイレの神様を見せてください』というお題。ここでMCの大久保も「終わって一人になるのがイヤ」「ウケてるかどうか分からない」「一人ぼっちの時間がまた始まるっていう…この企画はなかなかメンタルやられますよ」と挑戦しているメンバーを気遣うコメントも飛び出した。

そんな中、先ほどややスベッたみひろが一番乗り。ストッキングをかぶった姿とどこかアンニュイな表情で現れた彼女は「人に笑顔をくれますね」と今回は評価された。続く黒沢も、ビニール袋のような物を頭から顔にかけてかぶり、テープと思われるもので小細工をした顔で登場、その体を張った姿にMC陣は大爆笑。「(画面外から入ってくる)フレームインを使った方が良い」というMCの発言の後に挑戦した松本は、最初から見切れて登場してしまい即切られてしまう。

続いて便座(?)を顔にはめた小林が、期待に応えて母親と一緒に登場。ブリーフを着用し手には亀のぬいぐるみをはめた母親が今回も笑いを誘っていた。さらに奈良は、顔にメイクを施し手にはネギと掃除機。「トイレの緑神」という不思議なネーミングセンスでMC陣を戸惑わせる。三上は前週のゴリラ風ファッションで、手に持ったトイレットペーパーを頭に巻きつけるなどするが、先ほどよりもさらにテンションが低く「ツラいです」とポツリ。

桃乃木はセクシーな服装でポットの上でひとしきり力むと、今回も「終わりました」と自分からあっさり通話を終了させる。「普段おとなしい」とコメントされていたが、今回の大喜利企画ではかなり振り切ったネタを繰り出していた。

そして光浦は、赤いパンツをかぶりトイレから中継、悲しげな神様キャラクターを演じ、芸人ならではの演技力を見せた。

先ほど即切りされた川上は、江頭2:50のモノマネで「ステイホームしろよ」とアピール。石岡はブロッコリーを胸元に添え「あたしがトイレの神様です」と言い張るキャラに扮し、松本はテンション高い動きで踏ん張る顔芸を披露するなど奮闘していた。(ザテレビジョン)