中村倫也主演ドラマ「美食探偵 明智五郎」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第5話が5月10日(日)に放送となる。

これまでにマリア(小池栄子)が引き起こしてきた数々の殺人事件によって、憔悴(しょうすい)しきった様子の明智(中村倫也)。第5話では、そんな明智に追い打ちをかけるように、明智の身近な人物がターゲットにされてしまう。

本作は「東京タラレバ娘」「偽装不倫」を手掛けた東村アキコによる初のサスペンス漫画「美食探偵―明智五郎―」をドラマ化した作品。

三度の食に命を懸ける美食家であり、「江戸川探偵事務所」で探偵業を営む明智五郎(中村倫也)が、相棒の苺(小芝風花)と共に“食”を通してさまざまな殺人事件を解決する。

注目の第5話では――

明智を元気づけようと買い物に連れ出した苺は、離婚のため別居中の小学5年生の娘・小春(横溝菜帆)と月1の面会を楽しむ上遠野警部(北村有起哉)に遭遇する。

いつもと様子の違う、娘を心配する上遠野に同情し、小春の身辺調査を引き受ける苺。しかし、明智の推理がきっかけで、乳製品アレルギーを持つ小春がクラスで陰湿ないじめを受けていることが発覚する! 

しかし担任の教師はふざけているだけだとクラス内のいじめを認めず…。

そんな中、小春が残した「死にたい」というネット上の書き込みに目をつけていたマリアは、小春の絶望につけ入り、おぞましい“給食による集団毒殺計画”を実行に移そうとしていた…。

公式サイトで見ることのできる第5話予告動画では、「マリアは僕の身近な人間にターゲットを絞ってきている」と話す明智や、気落ちする明智を必死に勇気づけようとする苺、マリアの思惑に苦しむ明智が葛藤する様子などが映し出されている。(ザテレビジョン)