TBSラジオでは、5月24日(日)20:00より、“コサキン”こと小堺一機と関根勤がパーソナリティを務める特番「令和に復活!またまたやります!コサキンDEワァオ!です、ワァオ!」の放送が決定。

「コサキンDEワァオ!」は、1981年10月にスタートした「夜はともだち コサラビ絶好調!」を皮切りに、タイトルと放送時間を変えながら、2009年3月まで足掛け28年にわたって続いたTBSラジオの人気プログラム。

放送終了後も根強い人気を誇っており、芸能界にもファンが多数。2017年には、中高生の頃に“コサキン”を夢中で聴いていたという星野源が、小堺、関根の二人を自身のラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)のゲストに招いたことも話題となった。

その後、2020年1月にTBSラジオの正月特番「令和に復活!ぼくたち『コサキンDEワァオ!』です、ワァオ!」を放送、また2月には、パシフィコ横浜で開催されたTBSラジオのイベント「RADIO EXPO」で、「ナイツ×コサキン ちゃきちゃきDEワァオ!」と題し、「土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送」のパーソナリティのナイツと共に、スペシャルステージを行った。

これに続く「令和コサキン」第3弾となる「令和に復活!またまたやります!コサキンDEワァオ!です、ワァオ!」では、「ムックン(※小堺のラジオでの呼び名)」と「ラビー(※関根のラジオでの呼び名)」の二人が、これまでと変わらず“大はしゃぎ”のトークを繰り広げるほか、かつての人気コーナー「意味ねぇキャッチコピー」「意味ねぇCD大作戦」も実施。リスナーから投稿される新作ネタも次々と紹介しながら、爆笑必至の“コサキンワールド”を展開していく。(ザテレビジョン)