5月24日(日)より、WOWOWプライムにてスタートする「連続ドラマW 太陽は動かない−THE ECLIPSE−」。本作の放送に先がけた特別番組『「太陽は動かない」メイキング特番 ―THE BURNING HEART―』が、5月10日(日)に放送される。

本作は、吉田修一による原作小説"鷹野一彦シリーズ"を、ドラマから映画への連動で一挙映像化するメガプロジェクトの連続ドラマ版。

心臓に爆弾を埋め込まれた諜報組織「AN通信」のエージェント・鷹野(藤原竜也)と田岡(竹内涼真)が、国際都市博覧会の巨大利権を巡る諜報戦に身を投じていく姿を描いた“究極のノンストップ・サスペンス”だ。

監督は「MOZU」「海猿」シリーズなど、エンターテインメント超大作を数多く手掛けてきた羽住英一郎。また、破竹の快進撃を続けるKing Gnuの新曲「泡」が映画、ドラマ共通の主題歌に決定。そちらも話題となっている。

■ エクストリームなシーンの連続に、思わずお互いを労う!?

5月10日(日)放送の「―THE BURNING HEART―」は、ドラマ版と映画版のストーリーやキャラクターの紹介などの作品概要はもちろん、半年間に及ぶ大規模な撮影現場に密着したメーキング映像と、メインキャストのインタビューで構成。本作の魅力が余すことなく詰め込まれている。

約1か月間に及んだブルガリアでの撮影では、「クライマックスシーンの連続でした」(藤原)、「本当に大変な撮影ばかりだった」(竹内)と二人が振り返るほどの過酷な撮影に。

市街地を封鎖したカーアクションや爆破シーン、貸切った列車を実際に走らせての格闘シーンの撮影や、宙吊りでの爆弾解除など、各地で行われた撮影の様子が迫力の映像と共に明らかになる。

さらに、藤原と竹内の2ショットの撮り下ろしインタビューでは、初共演となったお互いの印象からそれぞれが演じたキャラクターへの想いなども明らかに。

「爆発の現場にいました」(藤原)など今まで経験したことのない“羽住組”の凄さを赤裸々に語り合い、お互いを労う場面も。また、「⻯也さんが原始人みたいになっていた(笑)」(竹内)という2人の一番印象に残っているシーンの裏話までをも披露する。

そして、この豪華メイキング特番がWOWOW公式YouTubeアカウントと、ドラマ版公式サイトで配信されることも決定。配信タイミングは公式Twitterにて後日発表されるので、そちらもチェックしてみよう。(ザテレビジョン)