5月10日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言延長の経済支援について発言した杉村太蔵に、大学院時代の指導教官である元経産官僚・岸博幸が、苦言を呈する場面があった。

同日の放送に、モニターで出演した実業家・堀江貴文が「一生このまま皆さん家から出ないようにしますか、それともウイルスと共存する道を歩みますか。これはもうウイルスと共存するしかないんです、答えは。政治が今ものスゴく安全側に振ってるんですけど、それをちょっとリスクをとる側に戻さないと、これ一生続きますよ」とコメント。

続けて「この状態を一生続けるっていうことは、人間が人間であることをやめることと同義ですから、いつかこれは誰かが、政治的リーダーシップを持って決断しなきゃいけない」と話すと、同じくモニター出演の杉村が「一生家にいろなんて、政府、自治体どこの誰が言っているかという話なんです」と反論。

さらに「確かに苦しいは苦しいんですけども、政府、自治体の支援策を冷静に見ると、中小企業、最大200万円の給付金が出ます。東京都の場合は1店舗50万、2店舗100万、延長になってさらに50万、100万。そして国民1人あたり10万円。実質無利子無担保で資金支援がある。さらにこれから雇用調整助成金の拡充と、家賃補助も出てくる。そういうことを考えると、確かに苦しい時期ではありますけど、経営者として、個人投資家目線として、この支援策をきっちり利用して乗り越えようと、そういう前向きな気持ちになるべきだと思います」と持論を展開した。

するとスタジオにいた岸が「だから太蔵君、ダメなんだよ」と杉村にダメ出しした上で、「残念ながら政府いろいろやってるけど、対策は不十分なんですよ。東京の一等地でお店やってる場合は固定費がかかるから、政府の給付金で200万円とか、家賃で月50万円とか、正直言って全然足りないんです。政府が自粛、緊急事態宣言を延長するなら、もっともっと対策をしっかりしなきゃダメなんですよ」と、経営規模の幅広い中小企業への補償政策について、これでは不十分だと訴えた。

これに杉村は「政府に対策しろ対策しろとおっしゃいますけど、結局巡り巡ってその負担、そうした事業者の負担っていうのは、誰が負担するかといったら、私たち国民の税金。みんなで負担し合わなきゃいけないんですね」と意見すると、岸は厳しい表情で杉村が映るモニターに向けて「今戦後最大の経済危機なんだから、財政も細かいこと言うんじゃないよ」と一蹴。

杉村が「財政が細かいってどういうことでしょうか。国の財政危機をですね、真剣に考えるってことはとても大事なことなんじゃないでしょうか」と食い下がるも、岸はその反論を途中で遮り「何べんも言うけど、以前も言ったけどさ、今の低金利の状況で、低金利がまだしばらくずっと続く中で、そんなの恐れる方がおかしいわけで、そういう言い訳ばっかりするのはダメです」と、バッサリ切り捨てていた。

次回の「サンデー・ジャポン」は5月17日(日)放送予定。(ザテレビジョン)