芸能人が自らの過ちを告白し償う「有吉反省会」(日本テレビ系)。5月9日(土)の放送では、ゲストとして、アイドルのプー・ルイが「下手クソな手芸で荒稼ぎしているアイドル」として登場、手芸作品を披露した。

プー・ルイは、ファーストサマーウイカも所属し、2019年に解散したアイドルグループ「BILLIE IDLE(ビリーアイドル)」の元メンバーで、現在はアイドルグループ「PIGGS(ピグス)」の一員として活動中。

そんなプー・ルイは、趣味で始めたものの、ぱっと見なんだかわからないクオリティな羊毛フェルトのグッズを販売し、荒稼ぎしているという。

トークイベントではオークションを開催し、このフェルト人形が1つ2万円などで落札。ついには1つ1つ時間を掛けて手作りは効率が悪いということで、作品の写真入りグッズを大量生産。

写真入りステッカーを500円、写真を100均の写真立てに入れただけで2000円など、3日間のイベントで100万円を売り上げており、「ぶっちゃけアイドルより儲かる」とコメント。

親友であるファーストサマーウイカは「化け物みたいな人形を作り始めた時は、本当に頭がおかしくなったと思いました。あの技術で講習会も開き、ファンからお金を取っていました」と辛らつなコメント。

「なんで手芸なの?」と司会の有吉弘行が尋ねると「去年グループにいたファーストサマーウイカだけが売れ始めてヒマになったんですよ。で、手芸を始めたらハマっちゃって。写真見たりじゃなくて、自分の頭の中にあるものを作る」と、そのきっかけを説明。

作品はその見た目から、ファンに「呪いの人形」や「なんの動物かわからない」と言われるのだそう。

そこで、スタジオには、プー・ルイが作った有吉、バカリズム、博多大吉のフェルト人形を持参、有吉の人形は意外にも出来がよく、有吉が「売るとしたらいくら?」と聞くと、プー・ルイは「5万円」と即答、有吉は「高すぎるだろ!」とツッコんでいた。

次回の「有吉反省会」は、5月16日(土)夜11時30分より放送、荒川真衣が出演予定。(ザテレビジョン)