荒川良々が主演を務め、Netflixで全世界独占配信されるNetflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」(英題/JU-ON: Origins)の配信日が2020年7月3日(金)に決定。同時に予告編と場面写真が解禁された。

2000年にビデオ版が誕生し、ホラーファンの間でクチコミが広がり、2003年には劇場版が公開されて以来、20年続く「呪怨」シリーズ。その人気は国内に止まらず、ハリウッドリメーク版「THE JUON/呪怨」(2004年)、「呪怨 パンデミック」(2006年)が全米興収1位を記録し、「リング」シリーズとともに“Jホラー”として世界を席巻した。

2015年の「呪怨-ザ・ファイナル-」で最終章を迎えたはずの伝説のホラーが、今回Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」として、再び世界を恐怖へと誘う。

三宅唱監督が自身初めてのホラー作品に挑み、荒川が心霊研究家の主人公・小田島泰男役、ヒロイン・本庄はるかを黒島結菜が演じる。

そしてこのたび、背筋が凍り付くような恐怖をまとう本作の予告映像が解禁に。オープニングから今回の鍵を握る「呪いの家」と、白いワンピースを着た女のような影が姿を現し、戦慄の物語の始まりを告げる。

そして、すべての元凶である「呪いの家」に端を発し、頻発していく数々の怪奇現象が、じりじりと人々を恐怖の渦に巻き込んでいく。

不穏な音を捉えたカセットテープ、怪奇現象に襲われる男女、暗闇でうずくまり「逃げて」とささやく少年、そして女性が監禁されて妊娠させられたという凄惨な過去の事件。

登場人物全員が口にする「あの家」を調べ始めた心霊研究家・小田島(荒川)と、夜中に部屋で響く不可解な足音に悩まされているタレントのはるか(黒島)は、「呪いの家」につかれたように引き寄せられていく。

何かを手渡そうとする長い黒髪の女やはい上がってくる血濡れた胎児など、この世のものと思いたくない存在が見え隠れし、不穏な雰囲気が一層高まる。

さらに、場面写真では「呪いの家」の秘密に近づいていく小田島の姿や、絶望的な恐怖に襲われているはるかの姿がうかがえる。

フィクションよりも恐ろしい、実際にあった出来事にインスパイアされた新しい「呪怨」。不穏な雰囲気満載のビジュアルからは史上最高の恐怖の予感が漂う。(ザテレビジョン)