モーニング娘。OGの田中れいなが5月9日、自身のTwitterに部屋着姿でデビュー曲「シャボン玉」を歌う自撮り動画を投稿。「癒し動画」「反則的に可愛い」と反響を呼んでいる。また、オフィシャルブログでは「シャボン玉」リリース当時の裏話、心境を明かした。

田中はこの日の夜、Twitterに「私のデビュー曲『シャボン玉』 お家だった+時間的に小声Ver.」として、「シャボン玉」の出だしを歌う自撮り動画を投稿。部屋着にナチュラルメイクという飾らない姿で、ファンから「最高の癒し動画」「可愛いがあふれ出すぎて死にました」「超かわゆす デビュー当時のままじゃん」などのコメントが殺到した。

ライブでは冒頭歌詞「愛する人〜」のあとに「れいなだけー!」とコールするのが恒例だったこともあり、コメントで“れいなコール”をするファンが続出。「コンサートで叫んでました」「初めて買ったCD、シャボン玉」「れいな推しになった曲」など、思い出のコメントも多く寄せられている。

■ ジャケ写撮影は丸一日。待ち時間はえげつない!?

オフィシャルブログでは、「今まで自分が歌ってきた曲でトップ3はなんですか?って聞かれたら絶対入る曲です! なんなら1位かなぁー」と、同曲への思い入れを語った田中れいな。

デビュー曲でセンターという抜擢を受けた「シャボン玉」だが、当時はセンターのありがたみを実感できていなかったとも。同曲のジャケット撮影では「(並ぶ際に)名前探した時に全部1番前やし真ん中おったし 『うわーぉ』って思ったけど、まだセンターの凄み。ありがたみ、嬉しみを13歳の私は分かってなかったので、とりあえず『はーい』って感じやったかな」と、当時の心境を告白。

ジャケット写真については、「シャボン玉は歌も強めやし、れーなだけダボダボズボンとかが衣装やったし、ヤンキーって言われよったし、それが求められとうと思って、いかに他の先輩方が出せんヤンキー感を出すか。ってゆーのがテーマでしかなかったww」と明かしている。

また、「ジャケ写撮影って丸一日撮影時間かかるんですよ? 個人のアー写も撮るしね。人数多いけん待ち時間がえげつないのです!笑」「でも暇じゃないよ?? その間ファンの方達への直筆の書き物がどんだけだよ!!!!ぐらい大量にあった!!笑」という、撮影時のエピソードも。

最後に、「本当にモーニング娘。になれてよかったし、自分が入る前のモーニング娘。が大好きでよかった!!! じゃないとオーディションも受けてなかったし。今までで1番好きな芸能人は?って聞かれたら自分が入る前のモーニング娘。やもん」「モーニング娘。になりたすぎて、会いたすぎて毎日学校でモーニング娘。の話しよった」「夢中にさせてくれて、入るきっかけをくださったモーニング娘。の先輩方にはずっと感謝せなやね。ありがとうございました!!!」と、モーニング娘。との出会いを与えてくれた先輩方に感謝のメッセージを添えている。(ザテレビジョン)