フジテレビ系では、5月17日(日)に「日曜THEリアル!『Dr.ミステリーの事件簿 〜人体のナゾを解け!〜」(夜8:00‐9:54)を放送。

世界各地で実際に起こったミステリアスな事件をもとに、「人体」という未知の世界に秘められた謎を解き明かす、メディカルミステリー番組。MCを務めるのは博多華丸・大吉、スタジオゲストとして三田寛子とゆきぽよが登場し、「人体ミステリー」の真相を推理していく。

■ 2時間で記憶をなくす少女の、奇跡の治療に密着

アメリカ・イリノイ州に住む16歳の少女・ライリーは、イベントで観客の1人とぶつかる事故に遭った。救急車で病院へ運ばれた彼女の最初の診断は「足のけが」。しかし、その事故以来ライリーは、記憶に障害が出るようになってしまった。前日の記憶はおろか、わずか2時間前の出来事も忘れてしまう。別の病院で頭部のCT検査やMRI検査を行ったが、いずれも脳に異常は見られなかった。

原因が分からないまま数カ月が経過し、母親のサラがSNSで助けを求めたところ、「彼女の症状に心当たりがある」との情報が舞い込む。「記憶がなくなる謎を解明できるかもしれない」とライリーが向かったのは、アメリカ・ユタ州にある脳専門のクリニック。そこで行った最新の検査によって、彼女の脳に“ある異常”が起きていることが判明し、ライリーは薬を使わない画期的な治療プログラムに挑むことに――。

番組では、普通の日常を取り戻そうと奮闘するライリーの姿と、彼女が記憶をなくした真の原因に迫る。

■ 20年以上“食べ物”に恐怖を感じてきた女性の病因が明らかに

イギリス中部の町に暮らす女性・キャンディスは、子供の頃から20年以上“食べ物”への恐怖と闘ってきた。「ポテトチップス以外、どんな食べ物も味がしない」と語る彼女の食事は、ポテトチップスや大量の塩をかけたチキンナゲット、フライドポテトばかり。しかも、2週間で7食しか食べることができず、無理に食べようとするとパニックに陥るという。

そんなキャンディスの抱える恐怖は、友人や家族にさえ理解してもらえず、「食べ物の好き嫌いが激しいだけだ」と思われてきた。「どうにかしてこの苦しみから逃れたい」と自力で調べ続けた結果、彼女の症状は「回避・制限性食物摂取症」という病気だと判明する。さらに、この病気をわずか1時間で治せる人物がいると知り、キャンディスはロンドンへ。そしてついに、彼女が食べ物に恐怖を感じるようになった意外な原因が明らかになる。

治療の様子に密着した取材映像のインパクトは、スタジオで見ていた博多大吉が「ものすごいドキュメント」とうなるほど。このほかにも、ある生活習慣が理由で顔が“トランプのダイヤ”の形に腫れてしまった女性や、27年ぶりに昏睡(こんすい)状態から目覚めた母親のエピソードを取り上げる。

驚きに満ち、かつ誰にでも起こりうる「人体ミステリー」の真相に注目だ。

■ チーフプロデューサー・西村陽次郞(フジテレビ情報企画開発センター) コメント

今回、原因不明の症状に苦しむ人々が、私たちの取材中に治っていく姿、その“瞬間”をカメラに収めることができた。驚くべき映像ドキュメンタリーとしても興味深く見られる番組だ。一体なぜ、こんなことが起きるのか…私たちの体に秘められた“神秘”と“謎”を、テレビの前で一緒に解き明かしていただければと思う。 (ザテレビジョン)