土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)の第3話を、伊集院光・古市憲寿・塙宣之(ナイツ)のトークとともに振り返る「3話リミックスバージョン」が6月6日に放送された。3人が語った“「M」がバズる理由”に、視聴者から共感の声が多く上がっている。

■ 伊集院、塙らがファントークを展開

歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでに秘められた出会いと別れを描く、小松成美の同名小説を鈴木おさむが大胆に脚色しドラマ化した「M」。

さまざまな妨害に負けず、アユ(安斉かれん)が歌への情熱とカリスマプロデューサー・マックスマサ(三浦翔平)への思いを貫き通すストーリーが話題を呼んでいる。

だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて撮影スケジュールが変更。6日は、同作のファンだという伊集院と社会学者の古市、塙の3人が、いち視聴者の視点から“M愛”を語り尽くした。

「1話リミックスバージョン」に続き今回も、「田中みな実さんの『許さなーーーーい』はご本人が音の長さも高低も決めて打っていってる」(伊集院)、「『恋心』(相川七瀬)という曲のPVに当時のマックスマサさんが出演している」(古市)など、同作キャストと交流のある伊集院と“エイベックス通”・古市が繰り広げるプチ情報が満載。

そこに、塙による真面目なドラマ分析の視点も加わり、トークはおおいに盛り上がった。

■ 古市「独りで見るよりみんなで見るドラマ」

中でも3人の意見が一致したのは、「M」がSNSやオンライン飲みの場でバズっている理由。

伊集院が本編を見ながら「画とか音の流れ方とか、条件反射でちょっとグッときちゃうのを照れ隠しで誰かとしゃべりたいんですよ。本当は心つかまれてるのに『臭くない?臭くない?』って言いたい」と心境を語ると、塙も「分かります分かります。それは(キャスト陣が)中途半端じゃなくてフルスイングでやってるから」と反応する。

伊集院は「だからZoomが必要になるんですよ」と、WEB会議用アプリ「Zoom」を使って“オンライン飲み会”しながら「M」を見ることにハマる視聴者の心理も代弁した。

今後、放送が再開される「M」について「今ちょっと撮影が止まってる。その間、ぜひ演者の方たちにお願いしたいのは、『伸びないでほしい』。このままのフルスイングの、人によってはホームラン、人によってはピッチャーゴロのそのままでいてほしい」と要望した伊集院。

まだ「M」にハマっていない視聴者に向け「間違いなく間に合います。ここからぜひ一緒に照れましょうよ」とメッセージを送った。

さらに、古市は「独りで見るよりみんなで見るドラマ。今家にいる人多いですから、Twitterとかでワーワー言いながら見てほしい」、塙も「言葉をハッキリしゃべるドラマって今あんまりない。ゴニョゴニョ言ってるドラマが最近はやりつつあるんですけれど、思いっきり感情をぶつけてハッキリ言うドラマっていうのが、今本当にストレートにやってるのは『M』しかないと思いますんでね、ぜひ見てください」と作品をPR。

そして塙がマサのセリフを引用し「俺を信じろ!」と締めくくると、伊集院は「ちょっと照れがあるよね。そこは思いっきり振り切らないと(笑)」とツッコんでいた。

3人の“M愛”あふれるこの日の放送に、視聴者からは「副音声トーク今回も面白かった(笑)」「伊集院さんの言う通り!このドラマは誰かとワーワー言いながら見て完成するドラマ」といった共感の声が多く上がった。

視聴者がツッコミながら視聴するスタイルで話題を呼ぶ「M」は、ステイホーム・オンライン飲み会など“新しい生活様式”下での新たな視聴スタイルを開拓しつつあるようだ。

6月13日(土)はいよいよ「M 愛すべき人がいて」第4話が放送される。

アユのデビュー日が決まり、プロジェクトが本格的に始動。アユがアーティストとしての一歩を踏み出し、スターを目指す姿が描かれるが、当然待ち受けているのは茨の道だった。これまで以上に怒涛(どとう)の展開が繰り広げられる。

なお、1〜3話は「ABEMA」にて無料配信中で、登録不要で視聴できる。(ザテレビジョン)