タレントのIKKOが、特別展「きもの KIMONO」の広報大使に就任。6月30日(火)に開幕する同展の取材会に出席した。

記者からは、改めて和服の魅力について質問が寄せられた。

IKKOは「着ている方は分かると思うんですけど、私は30代の時に着物を着て、なんでこんなにとりこになったかというと、帯を締めた瞬間に、凛とした感覚というか『私まだやれる、やっていける』という感覚が備わってきたんです。

ちょっと今大変な時代じゃないですか。自分が弱った時に、帯を締めた瞬間にパワーを感じるんです。だから私は大好きなんです」と、自らの実体験を交え明かした。

■ ステイホーム中は?

さらに、“ステイホーム”期間中、自宅での装いについても質問が及んだ。

IKKOは「ステイホーム中というと、いろいろ家の中でやらなきゃいけないからラフな格好が多かったんですけど、これがずっと続いてしまうと、どこまでラフになっちゃうんだろうと思って(笑)。

着物を着なくなると、体にまとわりついていかなくなっちゃうんですね、しばらくの間。ですから時々は着てました」と、外出自粛期間中の様子を語った。(ザテレビジョン)