6月28日放送のラジオ番組「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayfm)で、草なぎ剛が愛犬の出産や、子犬の譲渡について明かす場面があった。

フリートークのコーナーで、香取が「クルミちゃんのお子さんたち、大きくなってきましたね?」と、草なぎの愛犬・クルミちゃんについて話題を振った。

草なぎは「そうですね、今日はだからもう6月28日ですか。もうじゃあそろそろあれですね、お渡しするところにはお渡しする感じだね、ついに。寂しくなるよね」と告白。3月27日に3匹の子犬を出産したが、そのうち2匹の譲渡を検討していると明かした。

■ なにそれ泣いちゃう

香取が「何匹をどうするとかって決定してるんですか?」と聞くと、「1匹だけ自分ところに取ろうと思ってて。3頭生まれて2頭は違うところにって思ってるし。それが一番いいかなと、いろいろ考えた結果なんだけど。でもこんなにね、別れがたくなるとは思わなかった。もうちょっと簡単に考えてたね」と草なぎは心境の変化を吐露した。

現在はどの子を残すかを考えていると聞いた香取は「考えられない、なにそれ泣いちゃう」「二匹とのお別れもそうだけど、一人どの子を残すかっていう、何それ…」と寂しそうに返答した。

草なぎは「でも、育ってくれて、めちゃくちゃ元気にね。フレンチブルドッグの子どもって、赤ちゃんって、人間が思っている以上に、人間というか…犬の中でも難しいんだよね育つのが」。

■ ここまで育ってくれてありがとう

続けて「実は本当に結構、死亡率とかめちゃくちゃ高くて。だからここまで育って3カ月育ってくれただけで…だからそう思うと、どの子を渡してもいいっていう気持ちにはすごくなるんだよね。

こうやって、どの子を渡そうかって迷う自体、すごい幸せなことなんだよね。本当に」と、フレンチブルドッグの出産の難しさを伝えた。

「この(放送)時点では決まってるんだろうな。まあ、悲しいお別れじゃなくて、楽しいお別れなんだよね。ここまで育ってくれてありがとう、感謝っていうか。そう考えるとね、どの子を渡してもいいなって気持ちになってくるんだよ」と胸中を明かした。

■ 貴重な経験

次週の放送には譲渡している可能性が高いと聞いた香取は、「じゃまたね、この経験の草なぎ剛の次の段階の話を、次の時にでも聞かせてください」とリクエスト。

草なぎも「貴重な経験なんでね、結構自分でもびっくりだったな」と締めくくった。

リスナーからは「クルちゃん頑張ったんだね」「命を預かって元気に育てたつよぽんも偉い」「子育てお疲れ様でした」「ちょっと淋しいね」などの反響が寄せられた。

「ShinTsuyo POWER SPLASH」は毎週日曜夜7時から放送。(ザテレビジョン)