ジャニーズWESTが、“1日パパ”として奮闘する「パパジャニWEST」が6月30日(火)よりスタートする(毎週火曜夜11:56-0:55、TBS系)。

同番組は、ジャニーズ WEST初の冠配信バラエティーとして、2019年4月に動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で開始。初回配信日には、1日の加入者数がParavi史上最高を記録し(当時) 、2019年の総再生回数でも第1位を獲得。その人気を受け、満を持して地上波レギュラー化が決定した。

今回、番組を手掛ける香川プロデューサーにインタビューを実施。前編では、見どころや撮影裏話などを語ってもらった。

■ 7人7色の個性光る

――地上波になって初めて番組を見る方もいると思います。改めて番組の魅力、ジャニーズWESTさんの魅力は?

メンバー同士とても仲が良く、いつもわちゃわちゃ戯れています(笑)。収録の時も休憩の時も同じテンションで、裏表が全くないところが魅力です。そんなジャニーズWESTさんの“素”が見られることこそ、この番組の魅力。

一人一人の個性も際立っています。それぞれの得意、不得意分野を分かっていて、「ここは(桐山)照史に任せよう」など役割分担がしっかりしています。互いに信頼し合っているので、補い合いながら、一丸となっています。

濱田(崇裕)パパが怪我の都合で、収録に参加できなかったことがあったのですが、他のパパたちも番組スタッフも「やっぱり一人でも欠けたらだめだな」と感じていたと思います。

――1年Paraviでの配信を通して、パパとして成長したメンバーは?

預かる子供たちの情報を事前にお知らせしないので、みんな戸惑うのは当然ですが、特に中間(淳太)パパと小瀧(望)パパは、子供は好きだけど、そもそもどう接したらいいか分からないと困惑していました。次第に慣れてきた様子なので、パパとしての伸びしろが大きいです。

――収録終わり、子供たちの反応は?

パパたちとの別れが辛くて泣いちゃう子もいたり、家族が迎えに来たらすぐ走って行っちゃう子もいたり。帰りの車中で、すぐ寝ちゃう子も。他にも、後日お母さん方から、パパたちと遊んだことを自宅に帰ってからも、ずっと楽しそうに話していると聞きました。子供たちにとって、忘れられない一日になったんだなと思います。

■ 振り幅がすごい「パパジャニの顔」と「アイドルの顔」

――撮影裏話を教えてください。

ある日の収録で、バレンタインデーが近かったこともあり、楽屋にチョコレートを置いていたんです。1カ月後、中間パパがわざわざスタッフたちにお返しを用意してくださって。その気遣いが本当にうれしかったです。

また、PR動画を撮影したときは、7人がスーツ姿でビシッとキメていて、本当に驚きました(笑)。通常の撮影ではラフな衣装ですし、かっこいいポーズとかしないので「こんなパパたち見たことない」とお伝えしたら、「俺らも一応アイドルやからな」って。アイドルらしい一面を見て、「本当にアイドルだったんだ!」と再認識しました(笑)。

スタッフでさえ、そんなギャップを感じるほど、「パパジャニWEST」を見ると彼らに親しみやすさを感じると思います。ジャニーズWESTさんを初めて見る方も、きっと好きになるし、ジャニーズWESTさんのファンの方は、より一層好きになると思います。

――最後に地上波の初回放送の見どころをお願いします。

「パパ力UP講座」として、“子供が喜ぶキャラ弁=パパ弁”作りや、“4コマ紙芝居”作りをしました。キャラ弁作り中、真面目な神山(智洋)パパは、下を向いて黙々と作業していたため、目の前のカメラにほぼ“つむじ”しか映っていなくて、ツッコまれたり。

中間パパは才能が開花し、すばらしいキャラ弁を作っていました。これまでの配信では、切ったニンジンを散乱させたこともあったので、この1年のパパ修業で料理スペックがあがったのかな(笑)。終始笑いっぱなしの1時間ですので、楽しみにしていてください!

※濱田崇裕の「濱」は異体字が正式表記

【インタビュー後編へ続く】(ザテレビジョン)