ジャニーズWESTの冠バラエティー「パパジャニWEST」が6月30日(火)より放送される(毎週火曜夜11:56-0:55、TBS系)。

同番組は、ジャニーズWESTが1日限定で“パパ”になり、子供たちの世話をするリアリティーショー。2019年4月に動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でスタートし、その人気を受け、満を持して地上波レギュラー放送に。

「WEBザテレビジョン」では、番組を手掛ける香川プロデューサーのインタビューを、2回に分けてお届け!後編となる今回は、これまでの配信で7人は一体どんなパパだったのか?話を聞いた。

■ パパとして奮闘中!

――それぞれの良さが出ていた場面と共に、7人の“パパぶり”を教えてください。まずは、重岡大毅さん。

全体の空気感を作っていると感じます。重岡パパがいるとおのずと、メンバーも子供たちも笑っています。思春期の男の子と打ち解けるためギャグをしたり、人見知りの女の子を笑顔にさせるために、濱田(崇裕)パパと即興コントしていたのは印象的です。スタッフの間では「重岡&濱田のコント劇場」と名付けて、コントが繰り広げられるのをいつも楽しみにしていました。

その一方で、国旗でかるたを作ったとき、絵が得意じゃないと言いながらも龍が描かれているブータンの国旗のイラストをしっかり描いて、驚きました。基本“おふざけ”気味ですが、やるときはやる!といった真面目でまっすぐな一面も見られます。

――続いて桐山照史さんは?

ミスターオールマイティー!初めに子供の心をつかむのは、桐山パパだと思います。保育課出身なので、何かあったら他のメンバーも、一番に桐山パパを頼っています。トイレが怖くて1人でいけないという子供のために、長い時間かけて作った「トイレはともだち」という紙芝居はとてもすてきでした。

――中間淳太さんは?

子供の1日のスケジュールを把握し、円滑に進めてくれる存在です。盛り上がり過ぎちゃうとどうしても脱線しちゃうんですが、軌道修正してくれます。でも、最年長なのにめっちゃいじられています(笑)。

パパとしては、叱らないといけない場面で、ただ「だめだよ」と言うだけでなく、オリジナリティーを出していたのが印象深いです。食事のときにひじをついている子供には、“ひじおじさん”というキャラクターになって注意していました(笑)。

――では、神山智洋さんは?

何事にも一直線、全力投球なパパです。いや、ほぼママです!料理上手で、美容にも詳しくて、女の子にマニキュアを塗ってあげたことも。神山パパお薦めの美容グッズを、実際に使っているスタッフもいるほどです。

器用に何でもこなしていますが、苦手なこともきっとあると思います。ですが、できないとは一切言わずに、黙々と取り組んでくださるんです。そして、完璧にやり遂げてくれるすごいパパです。

――藤井流星さんは?

男の子、女の子関係なく、ふと気付いたときに子供の近くにいるのは藤井パパ。もし結婚をして、奥さんに「あれやっといて」とお願いされたら、文句言わずにやってくれるタイプなのかなと(笑)。一人で部屋にこもって、段ボールでストラックアウトを作ったり、冬キャンプで雪だるまをつくるため、猛吹雪の中一人で雪を転がしていたことがありまして。

普通、長時間作業していたら「もういやだ〜」となりますが、そういうことも言わないですね。ただ少しおっちょこちょいな一面もあり、一生懸命作っている途中「あれ?どこに置いたっけ?」という場面が何度かありました。

――濱田崇裕さんは?

藤井パパとは違った“抜け感”があります(笑)。夢中になって一つのことをやるけど、なかなかうまくいかない場面もありました。番組当初は、それですぐ心が折れていた印象です。

夏キャンプで、“自衛隊カレー”を数時間掛け頑張って作ったのに、子供がカレー嫌いで、食べてくれなかったことも…。味は本格的でおいしかったので、さすがにその時は、他のパパたちがめちゃくちゃフォローしていました(笑)。でも、このキャンプを境に、いろいろと根気よく、積極的に、やられるようになったと思います。

――最後に小瀧望さんお願いします。

最年少で超二枚目なのに笑いを求めすぎて、バラエティー要素多めの“2.5枚目”だと思います(笑)。小瀧パパが子供と接していて印象的なのは、喋り方です。優しくて甘い感じになるので、女の子にとても好かれています。メンバー最年少で末っ子感がありますが、子供に対しては「手つなごっか」とか「抱っこしようか?」などと一番声を掛けてくれています。

地上波での放送前にParavi配信をぜひご覧ください。Paraviを見ると、より一層番組を楽しめますし、もっとジャニーズWESTさんのすばらしさが分かると思います!

※濱田崇裕の「濱」は異体字が正式表記(ザテレビジョン)