京都大学の山中伸弥教授が、6月27日(土)放送のトーク番組「サワコの朝」(毎週土曜朝7:30-8:00、TBS系)に出演する。

山中教授は、2020年3月に“山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信”サイトを開設し、あらゆるメディアで新型コロナウイルスの情報を発信。

6月には所長を務める京都大学iPS細胞研究所が、新型コロナウイルスの第二波に備え、大阪府と連携協定を締結した。大学の検査機械を大阪府に貸与し、感染歴を調べる抗体検査の共同研究を行うなど、人々と社会を“新型コロナ”から守るべく活動に努めている。

そんな山中教授が京都のiPS細胞研究所からリモートで出演。研究者として、新型コロナウイルスをどう見ているのかを語る。

そもそも山中教授にとっては専門外である新型コロナウイルス。「大変なことになる可能性があると思った」と、ウイルスの性質が明らかになるにつれ危機感を持ったことを振り返る。

また、「2月末に一斉休校やイベントの自粛が要請され、(政府の対応の早さが)素晴らしかった。でも、“この1、2週間が山場です”と国民に呼び掛けたことに“1、2週間だけ”我慢すれば良いのだという誤解があったと思う」と指摘。

さらに、これまで発生したウイルスを例に挙げ、「僕はウイルスの専門家じゃないけど、恐怖に似たような感覚をものすごく覚えた」と話し、山中教授が抱く新型コロナウイルスへの“二つの危機感”を明かした。その後、研究所の広報や家族の反対を押し切る形で新型コロナウイルスの脅威を発信。

安倍総理や専門家会議の副座長を務めた尾身茂医師とも対談した山中教授は、他国に比べ死者数が少なかった要因を“ファクターX”と呼び、その解明の重要性を訴えた。「必ず出口はある。5年後には絶対終わっている」そう語る山中教授の真意に迫る。

山中教授が、新型コロナウイルスの治療薬とワクチンの課題、そして新型コロナウイルスとの付き合い方について語る。(ザテレビジョン)