矢作穂香が、7月15日(水)スタートの新ドラマ「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」(毎週水曜夜1:28-1:58、テレビ東京)で主演を務めることが分かった。

同作は、かっぴー原作の同名漫画を映像化した作品。おしゃれに関する英才教育を受けてきた“おしゃ家(いえ)ソムリエ”のおしゃ子が、彼氏候補の男性の自宅を訪問し、強烈な駄目出しを繰り返すコメディー。

誰もが共感できる「あるあるネタ」や、独特な「おしゃ子語録」など、リアルなのにぶっ飛んでいる“おしゃ子ワールド”が見どころだ。

本作がキー局連ドラ単独初主演となる矢作は、ある理由のために25歳の誕生日を迎えるまでに、「おしゃ家」に住む理想の男性を探すおしゃ子を演じる。

また、ドラマオリジナルのキャラクターのおしゃ子の親友・金荷(きんに)くすきを富田望生が、おしゃ子の良き相談相手の行きつけカフェの店長・館壱(たちいち)めう江をMEGUMIがそれぞれ務める。

■ イエーガー・おしゃ子役・矢作穂香コメント

――作品の話を聞いた率直な感想と台本を読んでみての感想は?

おしゃ子がぶっ飛んでいて、とにかく面白かったです!インテリアについての指摘とかが、なるほど!と思えて、発見が多く読み応えのある台本で、撮影がとても楽しみになりました。

――演じるおしゃ子の印象は?

自分の信念をしっかり持っていて、インテリアに対する熱い気持ちだったり膨大な知識だったり、何かに長けているってすごいなと思いました。

――自宅のこだわりポイントやお気に入りポイントは?

今は実家に住んでいて、もともと和室の部屋なんですけど、自分の部屋の壁を自分で塗ったり、押し入れをベッドにしたりなどDIYをしました!ほかにもベランダにウッドデッキを作って、カフェみたいにしたりとかもしています。おしゃ子まではいかないですが、自分なりのこだわりを持って自分自身の手でおしゃれな空間を作るのが好きです。

――おしゃ子のように、自分自身がこだわっているものは?

ソムリエって言い切れるほどではないのですが、美容について勉強しています!スキンケアがすごく好きで、肌荒れした時の対策とかを自分で研究しています。

――おしゃ子のような人物が身近にいたらどんなふうに接しますか?

友達にいたら自分の部屋を見てもらって、どこを変えたらいいかとかを教えてほしいです。おしゃ子はズバズバ言ってくれるので、指摘をありがたく受け入れていろいろ変えたくなっちゃいそうです。

――最後に見どころやメッセージをお願いします。

おしゃれなおうちが大好きなおしゃ子と男性のお話で、何かしら皆さんに共感する部分があると思います。パロディー的な部分もあるので、気軽に笑いながら見ていただけたらうれしいです。

■ 金荷くすき役・富田望生コメント

――作品の話を聞いた率直な感想と台本を読んでみての感想は?

おしゃ子なので、てっきり洋服とかのおしゃれが好きな方かと思いきや、意外な角度を突いた作品だなと思いました。痛快な作品で、女性目線としてはもっといけ!と思いながら台本を読んでいました。男性はちょっと痛いところ突かれるかもしれないですけど(笑)。

――演じるくすきの印象は?

自分はあまり筋肉に重きを置いていないですが、でもそういう女性って絶対いるよな〜って思いました。おしゃ子とはジャンルは違えど、一つのことに対して重点的にいろいろ意見を出すってところにおいては、ベクトルが一緒で、だから仲良くカフェでしゃべれるんだろうなと思いました。

――自宅のこだわりポイントやお気に入りポイントは?

小さいサボテンとか、観葉植物を置くことです。あとは花瓶にお花を1輪入れたりとかして、目の癒やしにしています。

――おしゃ子のように、自分自身がこだわっているものは?

ファッションには結構こだわっています。スニーカー一つでも線が入っているのと入ってないのとがあったり、色が微妙に違ったり、本当に1個1個違うんですよ。まだ理想のものに出合えてなくて、いろんな物を見て、この間のこことここが混ざってたらなぁとか思ったりします。ゆくゆくは自分で作りたいですね!

――おしゃ子のような人物が身近にいたらどんなふうに接しますか?

自分の家には連れて行きたくないですけど、引っ越してすぐの完成前なら、間取りを見てもらってどんな家具を置いたらいいか言ってほしいです。

――最後に見どころやメッセージをお願いします。

ある意味、男性の急所を次々と女性目線で指していく、新しい痛快ドラマになると思います。こだわった衣装やヘアメイクから漂うであろう人物像を膨らませながら見ていただきたいです。お楽しみに!

■ 館壱めう江役・MEGUMIコメント

――作品の話を聞いた率直な感想と台本を読んでみての感想は?

タイトルにインパクトがあって、かわいい作品なんだろうなと思ってワクワクしました。無印良品を使っている男とか、ローランドさんみたいな人だとか、今の時代を表す具体的な言葉がたくさん出てきて、後から振り返ったときに令和の初頭ってこういう感じの時代だったなって思えるような作品だと思います。

――演じるめう江の印象は?

つかみどころのない風のような女の人で、今まで自分が演じたことのない役柄なので、自分の中ではチャレンジでした。でも監督と話しているとほぼほぼ話を盛っていてうそということなので、中身がないらしいです(笑)。その絶妙なバランスで表現できたらいいなと思っています。

――自宅のこだわりポイントやお気に入りポイントは?

60年代のアメリカの家具がすごく好きで、家はビンテージのものばかりなんです。旅行に行ったときに、その土地の骨董屋さんとかアンティークショップとかで、置物や絵を買うのが好きです。レトロなものが好きなのでそういう感じでまとめているつもりです。

――おしゃ子のように、自分自身がこだわっているものは?

美容がものすごく好きなので、肌ソムリエです。こうやったらくすみが取れる、こうやったらニキビがなくなる、こうやったら顔が引き締まるとか、そういうものは具体的にご教示できると思います!

――おしゃ子のような人物が身近にいたらどんなふうに接しますか?

独特で変な人ですけど、自分の理想に合った相手を探している、そういう潔さがある人は好きなので友達になりたいです。目線が鋭いし独特なので、自宅に呼ぶのは怖いですけど、査定してほしいなってところはありますね。

――最後に見どころやメッセージをお願いします。

世界観がかわいいので、女性の方は見ていてワクワクするんじゃないかな思います。毎回、恋愛を繰り広げていくんですけど、おしゃ子は自分から恋愛を切り開いていっているのが今どきでいいなと思います。インテリアとかファッションとかそういう楽しみを感じていただきつつ、自分からどんどん恋愛を切り開いていくおしゃ子の姿を見て、一緒に頑張ってもらいたいです。

■ 原作者・かっぴーコメント

「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」はぼくが最初に出した本で、発売して4年以上たっています。その後シリアスな「左ききのエレン」などを描き始め、今ではすっかりギャグ漫画は描かなくなりました。

SNSやブログでも真面目なことしか言わなくなって久しい現在、よくもまぁ一番恥ずかしいタイミングでドラマ化してくれるなと。正直に言います、めちゃくちゃ恥ずかしいです。ふざけ散らかした内容です。非常に徳が低い内容です。本当に大丈夫かと久しぶりに単行本を読み返しましたが、死ぬほど笑いました。めちゃくちゃ面白いです。おしゃ子、大好き。ぜひ見てください。

■ プロデューサー兼監督・太田勇コメント

「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」というふざけたタイトル通り、コメディードラマです。おしゃ子の毒舌を聞きながら、オシャレな部屋について学べますし、女性は「あー、こういう男の人いる!」と笑えて、男性は「俺、やっちゃってるかも」と自分の部屋のインテリアを見直すきっかけにもなるかもしれません。

また最近は、在宅勤務やオンライン飲み会などで自分の家が他人に見られることも増えてます。そんな人たちにも見てもらいたいです。真のオシャレは、洋服ではなくて部屋に出ます!テレ東深夜ドラマに今までなかった「オシャレ」というニュージャンルをどうぞお楽しみください!(ザテレビジョン)