2020年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。6月15日〜放送の第13週「スター発掘オーディション!」では、久志(山崎育三郎)と御手洗(古川雄大)が新人歌手オーディションを受ける様子が描かれた。この週のみならず、作曲家・古関裕而を主人公のモデルとした「エール」は、音楽を中心とした物語。そこで、これまでの“朝ドラ”と音楽の深い関係を、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が解説する。(以下、一部ネタバレが含まれます)

■ 「エール」第13週には名曲が多数登場

朝ドラ「エール」第13週は、裕一(窪田正孝)の親友・プリンス久志(山崎育三郎)と、音(二階堂ふみ)の豊橋の恩師・スター御手洗(古川雄大)の歌バトル。コロンブスレコードが行った新人歌手募集のオーディションに挑むふたりを裕一と音たちが応援する。

最終審査(64回)では、帝都ラジオ会長の息子・寅田熊次郎(坪根悠仁)が「東京ラプソディ」、岡島敦(徳永ゆうき)が「鉄道唱歌」、林喜一(殿さまキングスの宮路オサム)が「東京行進曲」、水川ながし(彩青)が三味線弾き語りで「ソーラン節」、久志が「丘を越えて」、御手洗が「船頭可愛や」を審査員の前で歌った。

坪根以外は歌のプロばかりで、歌う楽曲は実際に昭和から人々に愛された歌。知っている人は問答無用に楽しめ、知らなくてもヒット曲の強烈な求心力に心踊ったことであろう。

「歌は世につれ世は歌につれ」という言葉どおり歌の力は大きい。聞くとその歌が流行った頃の思い出が鮮やかに蘇る。また、歌によって喜びや哀しみ、たくさんの感情が増幅される。そんな歌の効能を活かそうとしてか、朝ドラには音楽がドラマに密接に関わってくる作品が多く存在する。

■ ミュージカル仕立ての作品も

現在、夕方再放送中の「ひよっこ」(2017年前期)は高度成長期を舞台にした物語で、音楽が好きな岡田惠和の脚本によってそれこそ世相と歌が併走しながら物語を彩っていた。

人形劇「ひょっこりひょうたん島」の「泣くのはいやだ 笑っちゃおう」という歌詞を主人公たちの人生に託したり、ビートルズが来日し日本人が熱狂したエピソードと終戦を重ねたりするほか、登場人物が当時の日本の流行歌を口ずさむことがよくあり、最終週も歌がキーになっていた。

高度成長期を歌で描くといえば「てるてる家族」(2003年後期)。戦後から高度成長期を力強く生きていく大阪の家族の姿をミュージカル仕立てで描いた意欲作であった。

作詞家・なかにし礼の自伝的小説を元にしたドラマだったこともあり、この趣向は作品にぴったりであった。毎回、登場人物が歌に合わせて歌い踊るという凝ったつくりは作業が大変すぎて、途中でいったんミュージカルシーンがなくなるということもあったが、最終回はほんとうのミュージカルの舞台のように華やかで、多幸感に満ちていた。

■ 「あまちゃん」はオリジナル楽曲で紅白に

実際にある曲を使用するだけでなくオリジナル楽曲がドラマを盛り上げることもある。

小泉今日子や薬師丸ひろ子、チェッカーズ等、なつかしの80年代メロディーも使用しつつ、登場人物がオリジナル楽曲もふんだんに歌ったのは「エール」のチーフディレクター吉田照幸が参加していた「あまちゃん」(2013年前期)。

脚本家・宮藤官九郎作詞、音楽担当の大友良英とSachiko M作曲による「潮騒のメモリー」は物語のなかで、主人公・アキ(能年玲奈/現・のん)と親友・ユイ(橋本愛)、アキの母・春子(小泉今日子)、女優・鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)たちによって歌い継がれていく。

そのほか「暦の上ではディセンバー」「地元に帰ろう」など名曲が誕生。「潮騒〜」と「暦の〜」は、その年の紅白歌合戦でも披露された。ちなみに、劇中、これらの曲に携わった音楽プロデューサー太巻を演じているのは「エール」でコロンブスレコードのディレクター廿日市を演じている古田新太であった。

朝ドラのオリジナル曲が紅白に出るのは「あまちゃん」がはじめてではない。

大阪を舞台にした「ふたりっ子」(1996年後期)では演歌歌手・オーロラ輝子(河合美智子)が劇中で歌った「夫婦みち」をオーロラ輝子名義で紅白歌合戦に出ている。

「ふたりっ子」の双子の主人公の子供時代を演じた三倉茉奈・佳奈は挿入歌「二千一夜のミュウ」でCDデビューし、その後、子供時代ではなく、れっきとした朝ドラヒロインとなった「だんだん」(2008年後期)では、シジミジル(SJ)という名前で歌手として活躍する役柄であった。

そして週タイトルは「赤いスイートピー」や「君がいるだけで」など実在するヒット曲のタイトルが使われた。

「ひよっこ」の後に再放送する「純情きらり」(2006年前期)は主人公(宮崎あおい)がジャズピアニストを志す物語。のちの夫(福士誠治)もピアニストである。余談だが、

主人公の地元・愛知県中岡崎は八丁味噌が名産である。

「ぴあの」(1994年後期)はヒロイン(純名里沙)は名前が“ぴあの”ながら童話作家を目指す。

だが純名は宝塚歌劇団の娘役で活躍していたこともあって主題歌を歌ったりもした。なんと自ら劇伴を手がけている久石譲に主題歌を歌ってみたいとお願いしてみたのだとか。

このように朝ドラと音楽は相性がよく人気も高い。「歌は世につれ世は歌につれ」ならぬ「朝ドラは歌につれ歌は朝ドラにつれ」といったところか。

「エール」では裕一がヒット曲「船頭可愛や」のほか「六甲おろし」をつくり着々と作曲家として歩み、久志もコロンブスレコードの研究生となった。

これからいよいよ音楽の道を邁進していくところで、コロナ禍による撮影中断のため6月26日(金)をもってしばらく休止。放送再開ののちは、裕一は作曲家としてますます活躍し、音も子育てを一段落させたら声楽の勉強を再開し、音楽と共に生きていくだろう。どんな曲が登場するか楽しみに待ちたい。(ザテレビジョン)