土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)のスピンオフで、田中みな実が主演する「L 礼香の真実」(ABEMA)の第3話が配信中。高校時代の礼香(中川梨花)の初恋の相手・正幸(中尾暢樹)が、“大映ドラマ感”あふれる世界観に爽やかな風を吹かせている。

(※以下、「L 礼香の真実」3話のネタバレを含みます)

■ 礼香の初恋の相手役・中尾は元ジュウオウジャー

「L 礼香の真実」は「M 愛すべき人がいて」で異彩を放つキャラクター、“眼帯秘書”姫野礼香の人となりを綴っていくスピンオフ作品。1話あたり10分弱のショートエピソードで、1話から4話までがABEMAプレミアム会員限定で27日から配信されている。

3話では、高校生になった礼香(中川)のエピソードが描かれている。初恋の相手・正幸(中尾)との関係は相変わらず片思いのまま。正幸の幸せをそっと願う礼香は、正幸のライバルや正幸を否定する教師を標的に、恐ろしい行動を見せていく。

礼香の思いを一身に受ける正幸を演じるのは、若手注目俳優の中尾暢樹。俳優集団・D-BOYSの最年少メンバーで、「動物戦隊ジュウオウジャー」(2016-2017年、テレビ朝日系)の主演・風切大和役でドラマデビュー。

ドラマ「あなたの番です」(2019年、日本テレビ系)ではマンション・キウンクエ蔵前の住民で真っすぐな性格の青年・柿沼遼役でレギュラー出演し、存在感を示した。同時期に公開された映画「チア男子!!」(2019年)は、「あなたの番です」でも共演する横浜流星とのW主演。男子チアに打ち込む青年・橋本一馬役を演じ、横浜はじめメンバーとは合宿や特訓も経験し強い絆を結んでいる。

■ “大映ドラマ”級の濃厚サスペンスに風

太い眉が印象的な精かんな顔立ちが、90年代の香り漂う「L 礼香の真実」の世界観にマッチ。学ランもよく似合う。

正幸は学年トップの秀才で、「次のテストでは絶対君を蹴落としてみせる」と言い募るライバルに「勉強は競争じゃねえから」と余裕で返し、逆転されても「よかったな、おめでと」と穏やかに相手の努力をたたえられる大人な性格。礼香が小・中・高と思い続けるに足る人間的魅力を兼ね備えている。

そんな好青年・正幸を、中尾は自然体で好演している。

脚本の鈴木おさむ氏が礼香のキャラクターについて「今回、マサとアユの恋を邪魔する役が必要だなと思いました。どうせなら、相当なインパクトをと…僕が好きな大映ドラマに出てきそうな役を…と思い礼香を描きました」とコメントしているように、本作や「M 愛すべき人がいて」には大映ドラマの影響が見て取れる。

そんな、過激な表現や濃いめの演出が満載の「M 愛すべき人がいて」「L 礼香の真実」の世界に、ただひとり中尾が爽やかな風を吹かせている。その存在は、さながら水一滴存在しない灼熱の砂漠に現れたオアシスのようだ。

そんなピュアな青年・正幸の幸せを守るため、礼香の暴走は止まらない。3話で正幸をこき下ろす教師を“復讐”した礼香は、4話でさらに暴走。正幸のライバルにその毒牙を向ける。(ザテレビジョン)