「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」が6月28日(日)放送される(夜7:54-9:54ほか、テレビ東京系ほか)。

“コロナ自粛3ヶ月で池が緊急事態!異常発生!衝撃の怪物オールスターズ”と題した今回は、緊急事態宣言解除後、ソーシャルディスタンスを守りながら、池の水抜きに挑戦。これまでは、100人以上のボランティアが参加することもあったが、ボランティアは呼ばず、10人程度のロケ隊で東京近郊の小規模な池から、ロケを再開した。

ゲストの村上弘明は、MCの田村淳、田中直樹と共に、神奈川・横浜の天徳院という寺へ。岩手の漁師町出身の村上は、「小さいときから、素潜りでアワビやウニを取っていた」と生物捕獲には心強いが…。30年放置した池には、在来種が確認できず、“外来種の赤ちゃん”が大量繁殖していた。

また、神奈川・三崎港にある1000年の歴史を持つ神社の池には、田中と自称“距離感のプロ”・前園真聖が駆けつける。前園は、「常に周りを見る!視野の確保!」と体に染み付いた距離感の取り方のコツを伝授する。

そして、50年以上放置されていた池からは、誰も予想していなかったあの特定外来生物が現れる。前園が無言でその生物に圧力をかけ、田中が捕獲するという見事なコンビネーションプレーで捕獲に成功。前園は自身のプレーを振り返り、「まさに世界レベルのプレスだった」と満足げな様子を見せた。

また、大阪・東大阪の瓢箪山稲荷神社の池では、ワニガメの目撃情報が。番組出演4回目で、ウシガエルの捕獲で見事な腕前を見せた早乙女太一が現場に急行し、ウシガエルよりもさらに恐ろしいワニガメに立ち向かう。 (ザテレビジョン)