土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)のスピンオフで、田中みな実が主演する「L 礼香の真実」(ABEMA)が配信中。第4話では、高校時代の礼香を演じる中川梨花が衝撃の存在感を放っている。

(※以下、「L 礼香の真実」4話のネタバレを含みます)

■ 「真一くん…キス、したことある?」

「L 礼香の真実」は「M 愛すべき人がいて」で異彩を放つキャラクター、“眼帯秘書”姫野礼香(田中)の人となりを綴っていくスピンオフ作品。1話あたり10分弱のショートエピソードで、1話から4話までがABEMAプレミアム会員限定で27日から配信されている。

4話で描かれたのは、高校時代のエピソード。片思いの相手・正幸(中尾暢樹)を守りたい一心で、礼香は正幸の勉強のライバル・真一(前原滉)を陥れることに。ガリ勉の真一が勉強できなくなる環境を作ることで正幸をアシストしようと考えた礼香は、衝撃の色仕掛けで真一に迫った。

礼香は「化学の授業、意味わかんなくて」「あたしは、真一くんがいいんだ。ダメ?」と手をとり、しなを作って真一に個人授業をおねだり。

夜の教室で2人きり、ナマ足まぶしい体操着のブルマ姿で勉強を教わり、「真一くん、さすがだなぁ〜」と上目遣いですり寄ってボディタッチ。あげく、「真一くん…キス、したことある?あたし、それだったら教えてあげられるかも」と、高校生には強烈すぎる色仕掛けで猛攻。真一を骨抜きにした。

■ 高校時代は弁論で全国大会優勝も

礼香を過激に演じた中川梨花は、1998年生まれの22歳。あふれる色気が印象的な一方、高校時代は弁論に没頭。3年時に修学旅行で訪れた沖縄の戦跡から戦争への思いをスピーチし全国高校総合文化祭「ひろしま総文」弁論部門で最優秀賞・文部科学大臣賞を受賞するなど才色兼備の新進女優だ。

現在はローカル情報番組「いい伊豆見つけた」(テレビ埼玉・TVK・ちばテレビ)やラジオ番組「オレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜」(MBS)にレギュラー出演するほか、マンナンライフ蒟蒻畑「ストレートイート篇」のCMに出演するが、今回の礼香役は抜擢といっていいだろう。

主人公を大胆かつ魅力的に演じ、視聴者からは「礼香役の子、色気すごい」「本編より面白いかも…!」「礼香役の子めちゃくちゃ可愛い!!」と大反響。一気に存在感を示した。

巷では、田中みな実をはじめ「奪い愛、夏」(ABEMA)でも話題を集めた松本まりかなど、セクシーで可愛らしく自己プロデュースに長けた“あざとかわいい”キャラが男女問わず注目を集めているが、中川は今回、そんな“あざとかわいい”界に現れた新星として強烈な存在感を放っている。

「L 礼香の真実」は今後、5〜7話を7月4日(土)深夜0:05より配信する。(ザテレビジョン)