6月28日(日)放送の「ギュッとミュージック」(夜0:55-1:55、カンテレ)に、SUPER BEAVERのボーカル・渋谷龍太がゲスト出演する。

同番組は和牛、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの岩谷翔吾と浦川翔平、シンガーソングライターの井上苑子が進行役を務める音楽番組。

28日の放送では、スタジオに登場した渋谷の「インプットをすることが少なくなった」という悩みに対し、番組が“究極の珍味”を用意。“ワニタン”“カエル”などを前に、渋谷は普段の音楽番組では見せないような表情を見せる。

また、リモートで井上竜馬(SHE'S)、はっとり(マカロニえんぴつ)、ムツムロアキラ(ハンブレッダーズ)、平部雅洋(reGretGirl)、井上とトーク。

“おうち時間”の話題になり、はっとりは「自宅で歌えるように防音室を買いました」とその効果を実践して自慢するが、それを見た渋谷が思わぬ反応を見せる。

一方井上は、「家にいる時間が長くなったので、テレビのリモコンの位置や細かいところが気になって…」と自身の几帳面なくせを吐露。これに水田と渋谷も同意し、それぞれの「これが気になる!」を明かしていく。

また、それぞれが"おうち時間"を過ごしながら「今だから届けたい歌」を、即興の弾き語りで届ける。

ほか、運動不足の解消にと、岩谷がオリジナルのハンドクラップダンスを考案。The RAMPAGEの楽曲「SWAG&PRIDE」にのせて、和牛、井上、渋谷がダンスに挑戦する。

■ 和牛コメント

――今回の収録を終えていかがでしたか?

川西:リモートではありましたが、今まで出ていただいたアーティストに久しぶりに会えたので、うれしかったです。それぞれのプライベート感が垣間見えましたね。ファンからしたら貴重なのかも。はっとりくんとか、ほんまに一人暮らしの男の子の生活感があったし、reGretGirlの平部くんのあの生活感も、個性が見えましたね。

水田:たくさんのアーティストに、曲を歌ってもらえるっていうのはぜいたくでしたね。「ちょっと歌ってもらえますか?」というのは、今だからできることですよね。reGretGirlの曲も、散歩しながら聞いていたので、こういう形で聞けてうれしかったです。自宅にギター何本もあるとかかっこいいなとか。予想通りのミュージシャンのイメージと、思ってもみない親近感がある、両方見られたのは良かったですね。

――スタジオゲストのSUPER BEAVER渋谷さんの印象は。

水田:あんな気さくなしゃべりやすい感じの人だとは思っていなかった。飲みに行っても絶対お互い嫌な気持にさせることもないんやろな。

川西:これからの曲に今日のインプット企画で出てきたワードが出てきたら「あんときのやつや」って思えるかなと、楽しみですね。

――ランページ考案のハンドクラップダンスについて。

水田:もっと激しくても良かったですけどね。見くびられたなって感じです。フルコーラスいかへんねやって、拍子抜けでした。あれをやり続けたら痩せると思います。

川西:めちゃめちゃ必死やったやん。

――視聴者へメッセージをお願いします。

水田:この番組は、オンライン飲み会の気分で、フィッシュアンドチップスとバーボンを片手に飲みながら見てほしいですね。みんな鯖とか枝豆とか食べているでしょうけど、「ギュッとミュージック」のときは、ベンジャミンの母国に合わせて、フィッシュアンドチップスとバーボンを。パンクを聴きながら。(※ベンジャミン・ミズタはイギリス出身の設定)

川西:ライブハウスに定期的に足を運んでいた音楽好きな方は、そういうことができなくなっているかもしれませんが、今回は、この時期の過ごし方や、音楽活動の再開の仕方とか、アーティストの生の声が詰まっていると思います。ぜひとも音楽好きな方には見てもらいたいですね。

■ 岩谷翔吾・浦川翔平コメント

――久しぶりの収録はどうでしたか?

岩谷:超楽しかったです。なにより和牛さんと久々に会えて楽しかったですね。

浦川:僕もすごく楽しかったですし、体も動かせて、僕たちパフォーマーとしての本業を生かした企画ができてよかったなと思っています。

――ハンドクラップを考えるに当たり、意識したことは?

岩谷:いろんな人が挑戦できるように、ダンスっぽさは残しつつ、なるべく親しみやすく、誰もができる動きを考えました。和牛さんがやるとしたらっていうのも考えながら。あとは、THE RAMPAGEのロゴが“グー”のパンチマークなので、なるべくパンチをメインにした振付にしたいなと思って振付を考えました。

浦川:いまはやっているハンドクラップダンスをランページバージョンでリメイクしたものが「ギュッとミュージック」きっかけで広がっていくといいなと思います。簡単な動きなんですけど、めちゃくちゃ体が温まるので、ぜひやってみてほしいですね。自分たちのライブ前のウォーミングアップでも結構使えるなって思うぐらい汗をかきました。

岩谷:川西さんはスタイリッシュで決めている感じがありましたね。水田さんも気合が伝わってきました。気合と体がリンクしていなかったけど…(笑)。

――視聴者へのメッセージ。

岩谷:ハンドクラップダンスで体も動かして、気持ち的にもさわやかな気持ちで、また次の日も頑張ろうと思うきっかけになってくれたらなと思います。

浦川:今回の「ギュッとミュージック」はさまざまなアーティストの方も出演されて見どころも多く、ハンドクラップダンスや、自分のパーソナルな部分も出せたので、ぜひチェックしていただけたらなと思います!(ザテレビジョン)