6月27日放送「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で、アンジャッシュ・渡部建の不倫問題が話題に。明石家さんま他、出演芸人たちが渡部の不倫問題に言及した。

さんまは、番組の収録が行われる毎週金曜日、ここ1年に渡って何かしらの事件が勃発しているとコメント。それは1年前、宮迫博之の吉本興業契約解除から始まっているそうで、今回も渡部の不倫の話題に堂々と触れることに。

さんまが、もはや番組恒例となった陣内智則の「ホテルニューオータニ不倫報道」をイジると、陣内は「(渡部は多目的トイレで密会していたため)逆に好感度上がるかなと思って最近(笑)。ニューオータニやん、陣内! 一流ホテルやん!みたいな」とコメントし、スタジオは大爆笑。

さんまは「自ら自粛やからな。俺ならスポンサーが降ろしてくれ!となるまで出るけども…。俺らの時代はそうやったからな。『(俺たち)ひょうきん(族)』のメンバーなんか、周りがスキャンダル起こしたらガッツポーズやったからね。さぁどうツッコむ? どう遊ぶ? というので…早く本番来ないかなぁと(笑)」とコメント。昭和と令和の世代ギャップを語った。

土田晃之は「世間が相当良く思ってたんでしょうね。僕らは昔から知ってたから、正直誰もビックリしなかった」、昔親交があった古坂大魔王は「今のこの時代にできるってすごいですよ。いろいろチョイスした結果が多目的(トイレ)だったんでしょうね」とコメントした。

次回の「さんまのお笑い向上委員会」は7月4日(土)放送予定。(ザテレビジョン)