ネタ番組の少なくなったお笑い界で、現在「第7世代」と言われる平成生まれのデジタルネイティブな若手芸人たちが次々ブレイクする中、異例の活動スタイルで注目度があがっているコンビがいる。

何度も浮き沈みを経験しながら、それぞれが己の武器を磨き、ここに来てお互いを最高に輝かせることができるコンビ。「あっちゃん」こと中田敦彦と、「シンゴ」こと藤森慎吾によるお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」だ。

2003年に結成し、2005年にテレビデビューしたふたりは、リズムネタ「武勇伝」で一世を風靡。デビュー後すぐにブレイクし、コンビで冠番組を持ったのは史上最速。あまりにも早くスターダムにのし上がった彼らだが、ここまでの道のりは決して易しいものではなかったという。

これまでの活動の軌跡を振り返りつつ、個々の活躍も目覚ましいオリラジの現在の注目ポイントについて紹介したい。

■ 武勇伝、チャラ男、PERFECT HUMAN…3度ものブレイクで浮き沈みを繰り返す

「一発屋芸人」という、ひとつのネタでブレイクし、その後鳴かず飛ばず…という芸人がいる。それを自虐ネタとしてもう一度注目されるパターンもあれば、そのままテレビでは見かけなくなってしまうパターンも。

オリラジはデビュー時に「武勇伝」で大ブレイクし、冠番組を含むレギュラー番組を10本も抱えた。しかし、3年以内に『笑っていいとも!』以外のレギュラー番組はすべて終了し、まさに「武勇伝」だけで終わっていく一発屋芸人かと思われた。

だが、2011年頃「キミ、かわうぃ〜ね〜!」が決め台詞の、藤森の「チャラ男」キャラがブレイク。藤森のソロ仕事はもちろん、コンビ仕事でもチャラ男を軸にしたネタが生まれ、オリラジとしても再ブレイクのときを迎えた。

2015年には、中田の実弟であるFISHBOYら“スキルマスター”と呼ばれるダンサー4人を含む「RADIO FISH」名義で「PERFECT HUMAN」をリリースし、再々ブレイクを果たす。

3度の大きなブレイクを果たしている異例のコンビ。だが、ブレイクが落ち着き、いわゆる低迷していると思われていたその間も、彼らはあがいていた。

「芸能人歌がうまい王座決定戦」で見せた、芸人とは思えない歌唱力とパフォーマンス。ブレイクした8.6秒バズーカのリズムネタ「ラッスンゴレライ」の完コピも話題となった。

藤森のチャラ男キャラがフィーチャーされる一方で、中田の「アメトーーク!」や「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)でのオタク・インテリキャラが印象に残っている人も多いだろう。

藤森は、オリラジの指針を決めている中田について、こう話している。「あっちゃんは、なんでも当てている成功者じゃない。成功の裏でエラーを重ねてる。相方は、失敗を積み重ねてその上に成功を持ってくる人だから。あきらめない、やり続ける」。

何度ものブレイクは決して偶然の産物ではない。それぞれがソロとして、コンビとして、何をしたら面白いか?を模索して挑戦し続けた結果だ。

■ テレビ×YouTube!異例の活動スタイルをとる新たなコンビ活動へ

現在、オリラジのコンビとしてのレギュラー仕事はラジオのみ。中田が自らの意思でテレビでのレギュラーを辞めたからだ。

現在、テレビに出ているのは主に藤森のみ。情報バラエティー番組をメインに、俳優としての活動も。映画『七つの会議』やドラマ『インハンド』などではそうそうたる俳優陣にひけをとらない演技を見せ、昨年にはミュージカルデビューも果たした。

また、RADIO FISHでの本格ラップにも注目が集まり、男性声優によるキャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」への歌詞提供など、仕事の幅を広げている。

中田は、2019年より活動の舞台をYouTubeに移し、得意を活かした教育系の動画を日々配信している。いくつかのチャンネルを持つ中田のメインチャンネルである「YouTube大学」は、登録者数250万人を超える勢いだ。

さらに、オンラインサロンの主宰も務めているほか、アパレルブランド「幸福洗脳」、音楽グループのプロデュースも務めるなど、やはり幅広い活躍を見せている。

このように個々での活動が目覚ましく、加えて中田の姿をテレビで見られることがほとんどないため、コンビ活動をまったくしていないと思っている人も多いだろう。

実は、オリエンタルラジオとしてのトークが聞けるコンテンツとして、2020年2月よりスタートしたYouTubeチャンネルがある。

現在、週に2回ほどの配信。ふたりがテーマを定めずしゃべっている十数分ほどの動画なのだが、ファンから「揃うと華がすごい」「息がピッタリ」「いい関係性!」「お互いへの愛が溢れてる」など、絶賛の声があがっている。

このチャンネルや、中田のチャンネルに藤森がゲスト出演するときに見られるコンビでの動画が、オリラジの現在の仲の良さ、息の合った掛け合いの面白さを堪能できるコンテンツになっているのだ。

■ 現在のオリラジの面白さ「ここ5年くらいでようやく…」

藤森は、かつて「芸人交換日記」という番組内の企画で「あっちゃんが嫌いだった」と告白している。「武勇伝」でブレイクした頃、実力が伴わない仕事量と周囲からの期待に耐え切れずストレスがたまる中、中田からも日々厳しく叱責され、「口もききたくなかった」と。

ラジオの生収録中につかみ合いのケンカになったことも有名な話だ。

ところが今は、YouTubeでのふたりのトークからは、お互いを認め、リスペクトし合っている様子が見てとれる。

中田が自身のチャンネル・YouTube大学で「藤森慎吾の『スゴイ!』と思うところBEST5」を発表しているが、1位に挙げたのは「ツッコミ」。

「僕はただ生きていたら基本的にみんなに何かしら戸惑われたりするタイプ。やることなすこと常軌を逸している。それを笑いに変えてくれるのが藤森慎吾のツッコミ」だと、相方に最大級の賛辞を送っているのだ。藤森のツッコミを「自分にだけ効くクスリ」だとも。

対する藤森も、「あっちゃんのセンスはデビュー当時から完成されてる。僕がうまく第3者に伝えられていなかった。ここ5年くらいでようやくあっちゃんのボケを捕球できるようになって、相方にのびのびやってもらえるようになった。だから今、より(中田のボケが)面白い」と語っている。

また、中田が自身のチャンネルで漫画『SLAM DUNK』をプレゼンすれば、藤森も2月に開設した自身のチャンネルで同作品をラップで紹介するという、同じコンテンツについて違う魅せ方をするコラボ企画を行っているのも面白い。どちらかを見たらもう一方も気になって見たくなる、というWin-Winの仕掛けだ。

現在の単独での仕事ぶりを見ればわかる通り、得意分野や強みがまったくが違うふたりだからこそできる見せ方だろう。

■ 「ずっと相方の足を引っ張っていた」振り返って思うこと

オリラジは元々大学時代にバイト先で出会い、友人関係からコンビを結成している。

中田のYouTube大学の登録者数20万人記念動画で、藤森がゲスト出演した際には、オリラジの結成秘話が語られた。友だちからコンビになったふたりの、お互いにしかわからない当時ハマっていたものへのテンションや、仲のいい男友だちノリが満載だ。

中田もいま改めて、「(相方と)気が合うな〜と感じる」と話している。まったく違う仕事をしていても、お互いの好みやノリ、空気感を熟知している感じは、まさに学生時代の友人同士ならでは。

ふたりは、お互いを決して否定しない。相方のいいと思ったところは素直に「あれ、良かったよ」と褒め、知らない話は「へぇ〜!」と楽しそうに耳を傾け合う。だから、ふたりのトークは聞いていて心地がいいのだろう。

言葉の端から見えるのは、お互いの相方への絶対的な信頼とリスペクト。

藤森は、ずっと相方の足を引っ張っていた、と思っていたそうだ。チャラ男キャラのブレイクで、ようやくコンビとして対等になった気がした、と。

一方中田は、「むしろ自分にはキャラがない分、置いて行かれたと感じていた」と話す。内にこもるタイプの自分は藤森の社交性に助けられていた、とも。

キャラクターも正反対で、お互いに自分にないものを持つ相方に時に焦り、時に助けられながら、自分にしかない芸を磨いてきたふたり。

コンビでのYouTubeチャンネル開設に至ったのは、ラジオの現場で藤森が「もっとふたりで話す場がほしい」と中田に話したことがきっかけだという。そうして始まったオリラジチャンネルでは、他愛もない話や情報交換をしつつ、生き生きとボケてツッコミながら、素で笑い合うふたりの姿を見ることができる。

デビューして15年。オリラジは、今最高に仲が良く、面白い。この先コンビとしてどんな化学反応を起こして、どんな新たなプロジェクトを見せてくれるのか、楽しみで仕方ない。(ザテレビジョン・小林麻美)