窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の再放送が6月29日にスタートした。この日は3月30日に放送された第1回を放送。1961年の放送スタートから約60年続く伝統枠の異例の挑戦が、各方面で大きな反響を呼んでいる。

■ “原始時代”の異例回に驚きの声再び

作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く本作。才能を発揮し名曲を次々と生み出す作曲家・古山裕一を窪田が、その妻・音を二階堂が演じる。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため4月1日から収録が一時中断。撮影は6月16日から再開されているものの、新たな放送スケジュールのめどが立つまで放送を一時ストップさせ、初回からの再放送を行うと発表されていた。

29日に放送された第1回は、本放送時も大きな話題を呼んだチャレンジ回。連続テレビ小説としてはもっとも古い時代となる原始時代から描き起こし、主役の窪田とヒロインの二階堂が原始人やテニス選手、フラッシュモブダンスでプロポーズする男性などに扮して「古来、音楽は常に人とともにあった」ことを表現している。ユニークな初回に、今回初めて第1回を見た視聴者からは、驚きの声が上がった。

また、裕一が作曲、幼なじみの村野鉄男(中村蒼)が作詞した校歌の歌詞が映るシーンもあり、本放送を見ている視聴者からは感慨の声も聞かれた。

■ 近江友里恵アナ「意外と忘れてるもんだな、と…」

「朝ドラ枠で再放送」という例を見ない試みには、前後の番組からも反響の声が上がった。

直前の番組「おはよう日本」(NHK総合)での“朝ドラ送り”が定番となっているキャスター・高瀬耕造アナは「第1回から再び放送するというこれまでにない展開になります。皆さまどうぞご唱和ください。『エール』にエールを!」と送り出し。

「エール」放送後の“朝ドラ受け”が人気の「あさイチ」(NHK総合)では、MCの博多華丸・大吉と近江友里恵アナが再放送に言及した。

近江アナが「意外と忘れてるもんだな、と…」と水を向けると、大吉は「鉄男くんのお墓参りシーンは藤堂先生(森山直太朗)の…」、華丸も「(藤堂先生はオリンピックの前に)お亡くなりになっていると」と、初回に張られていた伏線に衝撃の様子。「こうやって改めて見るとね」「そういう楽しみ方が」「新鮮でした」と口々に感想をコメントしていた。

連続テレビ小説では視覚障害を持つ人などのため副音声で出演者の動きや場面転換などを補足する「解説放送」が行われているが、再放送の第1週は山崎育三郎が劇中の佐藤久志として解説を担当。

通常どおりの解説をしつつも、モブダンスを踊る窪田に「ダンスがうまい!」と感嘆の声を上げたり、子守歌を口ずさむ音(二階堂)に「音さんの歌声はいつ聴いても美しいですね」と酔いしれたり。東京オリンピックの会場へと手をつないで入場する裕一と音の後ろ姿に「うん、いい夫婦だ」と感想をもらしたりと個性的な解説で、視聴者に新たな楽しみを提供している。(ザテレビジョン)