乃木坂46の4期生が、ガチでコントに挑戦する「ノギザカスキッツ」(日本テレビ)。6月29日深夜の放送では、コントのキャラクター開発のため、メンバー自身が個性を自己評価する「自分チャート」が行われ、清宮レイが持ち前のポジティブキャラを爆発させる場面があった。

「ビジュアル」「頭脳」「運動神経」「性格の良さ」、そして最も自信のある個性をフリーワードで入れることができる「オリジナル(空欄)」の項目が5角形で示された「自分チャート」。それぞれを各自が5段階で評価していった。

「オリジナル(空欄)」の項目以外、全て「0」か「1」の自己評価をしているメンバーが多くいる中、清宮は、愛らしい笑顔で「ジャーン!」と言いながらボードを発表。

チャームポイントでもある「笑顔」を「オリジナル(空欄)」に入れ、しかもそれを含めた全項目が「5」になっているボードを披露した。

■ 100点って書きたいじゃないですか

するとMCの東ブクロ(さらば青春の光)が「これよ。全部MAX『5』。すごいね」と言い、森田哲矢(さらば青春の光)も「気持ちいいよね。これよ!アイドルってこれなのよ!」と、清宮の回答を絶賛。

東ブクロが「自信あっていいじゃないかってことですよ。迷いなく『5』いったんですか?全部?」と聞くと、清宮は「どうしようかなってなって、なんか『5』でいっかなーって」と、天真らんまんに笑いながらコメント。

続けて「テスト用紙を渡されて『好きな点数書いていいよ』って言われたら『100点』って書きたいじゃないですか、そういうこと!」と言って再びボードを提示。

出演者一同「あ〜!」と感嘆し、北川悠理は何度も頷きながら「それはすごい納得」と賛同。清宮は「自分の可能性は無限大ですよ」と右手でガッツポーズを作り、力強く前を見てアピールした。

視聴者からは「さすが超ポジティブ清宮レイさん」「ほんとに素晴らしいな」「レイちゃん100点満点」「まじで清宮レイが可愛すぎ」「素敵可愛い推させていただきます」など、大きな反響が寄せられた。次回の「ノギザカスキッツ」は7月6日(月)深夜放送。(ザテレビジョン)